注目のスタートアップ

マンガに特化したAI翻訳技術を手がける「Mantra」が7.8億円調達

company

2024年6月26日、Mantra株式会社は、総額約7億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社集英社、株式会社小学館、株式会社KADOKAWA、株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングスなどです。

Mantraは、マンガに特化したAI翻訳技術の研究開発を行っています。

開発する技術を活用し、マンガ・Webtoon専用多言語翻訳エンジン「Mantra Engine」や、マンガを英文多読の教材として活用する学習サービス「Langaku」などのサービスを提供しています。

今回の資金調達により、マンガAI翻訳の精度向上に取り組みます。また、並行して、小説・ゲーム・動画への翻訳技術転用を本格化させ、エンタメ領域における翻訳作業の省力化に向けた研究開発を進めていきます。


公益社団法人全国出版協会・出版科学研究所の発表によると、2023年のコミック市場規模は約6,900億円(前年比2.5%増)に達しました。

媒体別では、紙の売上が約2,100億円(前年比8.0%減)、電子書籍が約4,800億円(前年比7.8%増)となり、電子書籍の成長が顕著です。

日本のマンガ・アニメ作品は海外でも高く評価されていますが、公式に翻訳・出版されている作品は限られています。一方、有志による翻訳で海賊版として出回る作品が多く、出版業界にとって大きな損失を生んでいることが課題となっています。

こうした状況下で、アニメ業界ではローカライズ配信の取り組みが進み、海外市場の獲得、そして市場の成長につながっていることから、マンガ業界でもローカライズとそれによる海外市場の獲得が注目を集めています。

しかしマンガはその表現(手書きフォント、独特な口語、複雑な文脈、右開き、縦書きなど)により、通常の翻訳よりも時間とコストがかかるという課題を抱えています。

この翻訳の課題を解決するため、マンガに特化した翻訳AIの開発を手がけるスタートアップがいくつか誕生しています。

Mantraが提供する「Mantra Engine」は、マンガに特化したクラウド翻訳ツールです。AI技術を活用して翻訳を効率化することで、従来の翻訳フローを半分以下に圧縮しています。

2024年6月現在、月間延べ10万ページの翻訳に活用されています。

企業・事業の成長には戦略的な資金調達やシナジーの見込める企業などとの提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI BtoB LANGAKU Mantra Mantra Engine エンターテインメント マンガ ローカライズ 作品 出版 外国語 多言語 娯楽 技術 書店 株式会社 漫画 研究開発 翻訳 翻訳エンジン 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ダイナミックプライシングサービスなどを提供する「メトロエンジン」が10億円調達
2022年5月11日、メトロエンジン株式会社は、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メトロエンジンは、ホテル・宿泊施設向けのレベニューマネジメントを支援するツール「メトロエンジン レ…
AIと量子技術の活用に強みを持つソフトウェア企業「グルーヴノーツ」と「三菱UFJ銀行」が資本・業務提携
2023年7月13日、株式会社グルーヴノーツは、株式会社三菱UFJ銀行と、資本・業務提携を締結し、三菱UFJ銀行はグルーヴノーツの発行済株式の約18%を取得したことを発表しました。 これにより、グルー…
チケット見逃し防止アプリ「Freax」運営の「Spectra」が資金調達
2019年9月30日、株式会社Spectraは、資金調達を実施したことを発表しました。 チケット見逃し防止アプリ「Freax」を提供しています。 各種音楽ストリーミング・サービスの視聴データと「Fre…
スマート見守りプラットフォーム開発・提供の「otta」が資金調達
2021年12月10日、株式会社ottaは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、本田圭佑氏が率いるKSK Angel Fund LLCです。 スマート見守りプラットフォームを開発・運営し…
デジタル貿易プラットフォームを開発・提供する「STANDAGE」が「C&Rインキュベーションラボ」からの出資により資金調達
2023年9月20日、株式会社STANDAGEは、株式会社C&Rインキュベーション・ラボから出資を受けたことを発表しました。 また、事業面での業務提携を視野に入れており、ブロックチェーンやAIなどWe…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】