「GENDA」「ハシラス」「ダイナモアミューズメント」が三者間資本業務提携

tips

2022年6月21日、株式会社GENDAは、株式会社ハシラスと資本提携の上、GENDA、ハシラス、株式会社ダイナモアミューズメントの3社間での資本業務提携に合意したことを発表しました。

GENDAは、「GiGO」「SEGA」などのアミューズメント施設(ゲームセンター)運営事業、アミューズメントマシンレンタル事業、オンラインクレーンゲーム事業、セールスプロモーション事業、キャラクターライセンス事業、海外事業を展開しています。

ハシラスは、VRコンテンツ制作事業や、VRコンサルテーション、VR活用促進事業など、VR関連事業を展開しています。

ダイナモアミューズメントは、ロケーションエンターテイメント事業を中心に、体感型シアターアトラクション、VRアトラクション、インタラクティブゲームなど、映像を軸としたコンテンツの企画・制作・販売を展開しています。

今回の提携により、3社のノウハウ・資源を共有し、新たなサービスを開発します。

新型コロナウイルス感染症の流行により、密な空間であるゲームセンターは大きな打撃を受けました。

全国でアミューズメント施設「タイトーステーション」などを運営する株式会社タイトーは、2021年3月期の決算で57億円の当期純損失を計上しており、コロナ禍の影響が非常に大きなものであったことがわかります。

これまでゲームセンターの主な収入源はメダルゲームだったのですが、不特定多数の人間が触れるメダルを扱うという関係上、感染症対策の観点からユーザーが離れていってしまいました。またメダルゲームをプレイする年齢層に高齢者が多かったことも要因のひとつだと考えられます。

そのためゲームセンターは新たなエンターテインメントコンテンツの展開や、新施設の運営に力を入れており、とくにVRへの取り組みが目立っています。

現在、ゲームセンターや、遊園地、商業施設では多種多様なVRアトラクションが展開されています。

VRアトラクションとはVRゴーグルを装着して楽しむエンターテインメントコンテンツで、シューティング・ホラー・レース・スポーツなどさまざまなジャンルで、これまでにない没入体験を提供しています。

こういったVRアトラクションでは、広いスペースを使って動き回れたり、VRゴーグル以外に上下左右に動く乗り物や専用の装置を利用することで身体的にもプレイをフィードバックすることでさらに体験を向上させている点が特徴です。

今後VRアトラクションは、アミューズメント施設などにおいて施設でないとできない体験を提供するものとして、さらに発展していくと考えられます。

提携や協業は、収益を伸ばすだけでなく、新たなイノベーションにもつながるかもしれません。「冊子版創業手帳」では、人脈を広げる方法や、商工会議所の活用方法など、販路拡大や提携先をみつけるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ GENDA GiGO SEGA VR VRアトラクション VRコンテンツ アミューズメント エンターテインメント ゲーム ゲームセンター ダイナモアミューズメント ハシラス 株式会社 資本提携 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

NFT販売サービス「HEXA」運営の「メディアエクイティ」がデジタルマーケティングの「クラウドサーカス」と資本業務提携
2021年12月20日、メディアエクイティ株式会社は、クラウドサーカス株式会社と資本業務提携を行うことを決定したことを発表しました。 メディアエクイティは、NFT販売サービス「HEXA(ヘキサ)」を運…
衛星間の光通信ネットワーク・サービス「WarpHub InterSat」開発の「ワープスペース」が4億円調達
2021年4月19日、株式会社ワープスペースは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 小型光中継衛星による衛星間の光通信ネットワーク・サービス「WarpHub InterSat」を開発し…
「Capex」が1億円調達 ライフ・パートナー・アプリ「PATONA」をリリース
2020年12月24日、株式会社Capexは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、ライフ・パートナー・アプリ「PATONA(パトナ)」をリリースしたことも併せて発表しました。 「…
「CAMPFIRE」が「note」と連携しnote記事内にプロジェクト概要を表示する機能を提供開始
2020年6月10日、株式会社CAMPFIREは、note株式会社運営の「note」と連携し、「プロジェクト紹介カード」を提供開始したことを発表しました。 noteが運営するメディア・プラットフォーム…
不動産の企画・開発「Unito」が7,000万円調達 サブスク住居「unito」をリリース
2020年2月25日、株式会社Unitoは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、外泊したら家賃が安くなる住居「unito(ウニット)」のサービス・サイトをオープンしたこ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ