Slack用同時翻訳チャット・ボット「Kiara」提供の「ジェニオ」が6,000万円調達

2020年8月18日、株式会社ジェニオは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

グループ・チャット・ツール「Slack」の提携アプリ「Kiara(キアラ)」を提供しています。

「Kiara」は、「Slack」とシームレスにつながり、100カ国語の同時翻訳を行うチャット・ボット・アプリです。

約1億文字の独自テキスト(自然言語)のビッグデータを保有しており、今後もアジアの援護を中心にデータを収集し、他社と異なる自動化機能で差別化を図っていくようです。

今回の資金は、追加機能開発と営業に充当されます。また、Slack以外のグループ・チャットとの提携も視野に入れ、事業を推進していくようです。

リモートワークの普及により、海外に住む人材と一緒に仕事をするハードルが低くなりました。また、言語の壁は依然としてありますが、AI技術の進化により翻訳の精度は日々上がっています。

「Slack」などのチャット・ツールでの翻訳が普及すれば、人類の仕事は大幅に自由になるでしょう。

グループ・チャットなどのICTツールは、企業においてもはや必須となっています。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備方法や、システムの活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Kiara Slack キアラ ジェニオ チャット・ボット ツール 株式会社 翻訳 自動化 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ