グローバル・ソーシング事業展開の「モンスター・ラボ」が42億円調達

2020年8月7日、株式会社モンスター・ラボは、総額約42億円の資金調達を実施したことを発表しました。

世界15カ国26都市のITエンジニア・クリエイターを活用し、デジタル・コンサルティング事業や、プロダクト事業を展開しています。

今回の資金は、デジタル・コンサルティング事業のグローバルでの一層の拡大や、マーケティング強化、プロダクト開発に充当されます。

国内のITアウトソーシング・サービス市場は、2017年度は前年比106.7%の4兆5,862億円となっており、2023年度には8兆9,615億円にまで拡大すると予測されています。

プロダクトの開発において最善を目指すためには、“社内開発”、国内のサービス・プロバイダに依頼する“オンショア”、近隣地域・諸国に依頼する“ニアショア”、世界中に依頼する“オフショア”のすべての選択肢を見据え、開発先を選定することが重要となります。

世界に目を向けると、日本国内だけでは調整できないスキルを持つ人材が溢れています。その世界市場のなかから、最善の外注先を選定することをグローバル・ソーシングと呼びます。

日本では、さらにSaaSやクラウド・サービスの需要が増してくると考えられるため、それに伴いITアウトソーシング・サービスの需要も高まるでしょう。

アウトソーシングはリソースの足りない創業期において大きな力となってくれます。「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの活用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ IT エンジニア グローバル グローバル・ソーシング コンサルティング プロダクト モンスター・ラボ 株式会社 資金調達 開発

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ