代替肉開発・製造の「ネクストミーツ」が10億円調達 世界展開の加速へ

2021年6月16日、ネクストミーツ株式会社は、約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。

代替肉の研究開発や、代替肉製品の企画・製造、EC事業、Webメディアの運営などを展開しています。

2020年12月には、株式会社焼肉ライクが運営する飲食店「焼肉ライク」において、肉らしい食味を再現した焼肉用代替肉「NEXTカルビ」・「NEXTハラミ」の販売を行うほか、自社ECで鶏肉タイプの代替肉「NEXTチキン1.0」を販売するなど、国内で代替肉製品を展開しています。

2021年1月に、SPACスキームでアメリカの証券市場であるOTCBBに「NEXT MEATS HOLDINGS」が上場し、時価総額が最高値で40億ドル(約4,400億円)を超えています。

今後、様々な企業と連携し、代替肉の研究を推進していき、代替肉の原料・製品のクオリティ向上や、生産効率・サプライチェーンの質の向上を図っていきます。

また、新潟県長岡市にある研究室「NEXT Lab」には世界中の研究者が集まっており、バイオテクノロジー分野では微生物や遺伝子の研究、メカトロニクス分野では植物性タンパク質の物性変化やファクトリーオートメーションの研究を行っています。

同時多発的な世界での展開を加速させていくため、現在10カ国において生産体制を整備しています。

世界的な人口の増加により、早くて2030年にはタンパク質の需要と供給のバランスが崩れ始めると予想されています。これをタンパク質危機と呼びます。

畜産には、温室効果ガスであるメタンガスを放出してしまうことや、倫理的な問題、1gあたりのタンパク質を生産するために大量の飼料を必要とするなど、様々な課題があります。

そのため、畜産ではない方法でタンパク質を得るため、代替肉の開発や昆虫食の開発が推進されています。

すでに代替肉の世界市場では、ユニコーン企業が誕生しているほか、上場し黒字化を達成している企業もあります。

ネクストミーツ代表取締役 佐々木英之氏のコメント

今回のニュースにつきまして、ネクストミーツ代表取締役 佐々木英之氏(写真左。右は取締役会長の白井良氏)よりコメントが届きました!

佐々木英之
1980年生まれ。早くから起業した経験を活かし、海外に目を向け、中国深センにて12年間さまざまな事業に携わる。
大企業向けのアクセラレータプログラムや、メディア運営で培った経験を生かし、2020年6月に現・取締役会長の白井とネクストミーツを共同創業、現職に至る。
国内外のメディアで話題となり、日本を代表する代替肉ベンチャーとして評価されるまでになる。
刻一刻と悪化の一途をたどる気候変動に立ち向かうべく、日夜代替肉事業に取り組んでいる。

ーこの事業を始めた経緯について教えてください。

佐々木:共同創業者の白井もわたしも、もともと社会貢献できるビジネスをやりたいと考えていました。環境問題に関心が強かったので、エネルギー事業なども考えてみたものの、ハードルが高く模索していました。

そんな中2017年に培養肉のことを知る機会があり、食(畜産)と環境問題が密接に結びいていながら、まだ日本はおろか世界でも全然知られていない、そしてこの培養肉・代替肉というのが気候変動問題に対する大きな解決策になりうる、との考えから2017年にに調査・研究をスタートしました。

ー今回の資金調達について、どのような反響がありましたか?

佐々木:スピードが速いとの声をいただくことが多かったです。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

佐々木:弊社が対峙している気候変動問題・食料危機は、日本だけで解決できることでは到底ありません。ですので、世界展開に非常に力を入れており、現在はアメリカ、シンガポール、香港、台湾、ベトナムで販売しています。今年の夏には10か国、今年中には20か国の展開を目指して進めております。また先日代替肉に続き代替卵の商品化を発表し、今後お肉に限らず幅広く動物性食品の代替を進めていきます。

ー今後の展開が楽しみです。ありがとうございました!

研究開発系のビジネスにとって資金はとても重要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ タンパク質危機 ネクストミーツ バイオテクノロジー 代替肉 株式会社 植物肉 研究開発 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

子供向けSTEAM教材開発の「ワンダーラボ」が資金調達
2021年3月3日、ワンダーラボ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 2020年7月の資金調達と合わせて、総額3.1億円の調達となります。 ワンダーラボは、STEAM教育領域において、思…
VTuberグループ「にじさんじ」運営の「いちから」が19億円調達
2020年4月14日、いちから株式会社は、総額約19億円の資金調達を実施したことを発表しました。 VTuberグループ「にじさんじ」を中心に、日本・海外でエンターテインメント事業を展開しています。 バ…
自然言語AI搭載アド・ネットワーク「CANDY」運営の「スリーアイズ」が資金調達
2020年1月17日、株式会社スリーアイズは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社ディノス・セシールです。 自然言語AIを搭載するアド・ネットワーク「CANDY」を開発・運営して…
お金のトレーニング・スタジオ「ABCash」展開の「ABCash Technologies」が4億円調達
2020年6月29日、株式会社ABCash Technologiesは、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ミレニアル世代の女性向けのお金のトレーニング・スタジオ「ABCach」を展…
PropTech特化のVC「デジタルベースキャピタル」が設立
株式会社デジタルベースキャピタルは、自社の設立と、PropTechに特化した最大10億円規模のファンドを組成したことを発表しました。 デジタルベースキャピタルは、PropTechスタートアップ・コミュ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ