ゲーム・クリエイティブ制作事業など展開の「フーモア」が1.3億円調達

2020年6月12日、株式会社フーモアは、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

以下の事業を展開しています。
・ソーシャル・ゲームなどに活用されるイラストや3DCG、2Dアニメーションなどを制作するゲーム・クリエイティブ制作事業
・企業が抱える課題をマンガを活用したソリューションで解決するマンガ制作事業
・エンターテインメントを活用し企業の課題を解決するエンタメ共創事業
・ゲーム会社とクリエイター人材をマッチングする人材派遣事業

今回の資金は、AI(深層学習)技術を活用したゲーム・クリエイティブ制作の高速化・効率化に充当されます。

テクノロジーの進化により、人間が単純作業に関わる時間が減ってきています。そのおかげで、人間は人間にしかできない仕事、つまりクリエイティブな仕事に注力することができるようになってきています。

マーケティングにおいてもクリエイティブはより重要な要素となってきています。SNSの普及により、従来のマス・マーケティングの効果が弱くなり、反対に、口コミやインフルエンサーによるマーケティングが主流となってきています。

これからの時代は、単純にコンテンツとしてクリエイティブを売るだけでなく、ビジネスの領域でのクリエイティブの活用が重要となってくるでしょう。

たとえば、ノベルティは顧客や従業員のロイヤルティを高めるために有効です。「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、ノベルティをつくることのメリットや効果、つくり方のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ イラスト エンターテインメント クリエイティブ ゲーム フーモア 人材 制作 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ