注目のスタートアップ

独自冷凍技術により地域のパン屋と消費者をつなぐ「パンフォーユー」が6億円調達

company

2022年6月1日、株式会社パンフォーユーは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。

パンフォーユーは、独自の冷凍技術とテクノロジーを活用し、個人向けパン宅配サービス「パンスク」や、法人向けパンの福利厚生サービス「パンフォーユーオフィス」、パンを売りたい事業者とパン屋をあらゆる方法でつなぐ「パンフォーユーBiz」、パンギフトプラットフォーム「全国パン共通券」を展開しています。

「パンフォーユーBiz」は、パンを販売したい事業者に向け、商品選定・仕入れ管理・物流手配・店舗展開までをフルサポートするサービスです。

また、2022年3月25日から、自社開発の低糖質パンブランド「まいパン」の販売を開始しています。

通常のパンよりも糖質の量を減らすことができるオリジナルのミックス粉を使用し、独自のレシピによって通常のパンに近い味わいを保ちつつ糖質を15g以下に抑えています。

今回の資金は、全事業の拡大のためのマーケティングやシステム開発の推進に充当します。

総務省統計局の「家計調査」によると、1世帯あたりのパン年間支出金額は長期的にみて増加傾向にあることがわかります。

一方で日本において長年主な主食であった米の年間支出金額は年々減少しており、2010年ごろからパンを下回っています。つまりパンこそが主食となっているのです。

さらに高級食パンブームなどもあり、さらにパンに対する関心は上昇しているといえます。

しかし、パン屋の廃業率については近年悪化しています。要因としては、競争の激化や、コンビニなど異業他社の参入、人件費などの高騰、多品種大量生産のビジネス・モデルの難しさ、販路が店舗周辺に限られることなどが挙げられます。

パンフォーユーは、この地域のパン屋が抱える運営や販路拡大などの課題を解決するため、様々な事業を展開しています。

従来まで冷凍パンは美味しくないというイメージがありましたが、パンフォーユーの冷凍技術によって冷凍されたパンは、焼き上がってから常温で1日置いたパンよりも品質が高いことが検査で実証されています。

実際に消費者の口コミなどでもベーカリーのパンと変わらないという声を多く確認できます。

今後ウェルネス市場・健康食品市場においても商品開発を進めていくとしているため、時代の流れと共にどれだけ事業が拡大していくのか注目が必要です。

デジタル時代において企業の利益を最大化させるためには、IoTなどのテクノロジーを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ オフィス ギフト サブスクリプション テクノロジー パン パンスク パンフォーユー パンフォーユーBiz パンフォーユーオフィス 個人 全国パン共通券 冷凍 宅配 技術 株式会社 法人 消費 福利厚生 資金調達 食品
オフィス移転手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

注文住宅間取りをスマホから依頼できる「madree」など展開の「スタジオアンビルト」が1.3億円調達
2021年10月13日、スタジオアンビルド株式会社は、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 注文住宅の間取りをスマホで依頼ができる「madree(マドリー)」と、建築設計のク…
遠隔ICUサポートサービス提供の「T-ICU」が5.7億円調達
2021年12月28日、株式会社T-ICUは、総額5億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 重症患者診療現場向けの遠隔相談サービス「リリーヴ」や、ICU・一般病棟向け遠隔モニタリング…
リモート人材事業の「キャスター」が資金調達
2020年6月3日、株式会社キャスターは、資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン・アシスタント・サービス「CASTER BIZ」や、採用業務の一括代行サービス「CASTER BIZ rec…
「シーズ・リンク」のクラウド型DX Manager「riclink」と「シンカ」の顧客接点クラウド「カイクラ」が健康機器製造メーカーに導入
2020年12月1日、株式会社シーズ・リンクと、株式会社シンカは、「riclink」と「カイクラSMS」が健康機器製造メーカーに導入されたことを発表しました。 シーズ・リンクが提供する「riclink…
材料を識別できる超高感度・高解像X線カラー・イメージ・センサー開発の「ANSeeN」が10.8億円調達
2020年9月7日、株式会社ANSeeNは、総額10億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 静岡大学の技術である化合物半導体放射線センサの製造技術をコアとして、2011年に設立した大…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ