フリーランス向け賃貸与信アプリ「smeta」など運営の「リース」が7,000万円調達

2020年3月31日、リース株式会社は、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

フリーランス向け賃貸与信アプリ「smeta(スメタ)」や、フリーランス向け家賃債務保証サービス「smeta保証」を展開しています。

フリーランスの信用力を適切に評価し、事前与信として与信枠を付与します。

これにより、事前与信の湧くに収まる家賃の物件であれば、入居審査を100%通過できます。

また、入居後の家賃支払履歴が「smeta」に蓄積されることにより、利用実績によって与信枠が増減します。これにより次回の引っ越しの際も、この与信枠を活用できます。

働き方の多様化により、フリーランスが増えています。しかしフリーランスには、勤務先・勤続年数・年収などの証明が難しいため、与信審査が通りにくいという課題があります。

ほかにも収入の安定性にも課題があるため、近頃は、フリーランス向けの請求書買取サービスや補償サービスなども誕生しています。

起業は、フリーランスと比べると、社会的信用や税務面においてメリットがあります。まずフリーランスからはじめて、軌道に乗ってきたら起業するというパターンもあるでしょう。創業手帳は、起業のノウハウをまとめた「冊子版創業手帳」を無料で発行しています。専門家・起業家からの情報を蓄積・精査し、実際に役に立つノウハウを厳選して紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ smeta スメタ フリーランス リース 与信 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集