ローカル・コミュニティやコワーキング・スペース運営の「ATOMica」が1.8億円調達

2020年3月26日、株式会社ATOMicaは、総額約1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

株式会社ビットキーと株式会社ディーサイングループのジョイント・ベンチャーとして2019年4月に設立された企業です。

コワーキング・スペースの運営や、イベント会場のレンタル・サービス、カフェ、シェア・キッチンなどを展開しています。

また、ソフト事業としても、コミュニティSaaSや、採用、教育、ローカル・メディア、産学官連携、ビジネス・マッチングなどの領域にも正式に参入していく予定です。

2019年6月には、宮崎県宮崎市にある百貨店「ボンベルタ橘」の8階に、シェア・キッチン併設型160坪の大型コワーキング・スペースをオープンしています。

今回の資金は、事業開発・コミュニティSaaS開発を推進するための体制の拡充や、拠点開発の加速に充当されます。

シェア・オフィス・ビジネスは、ただ会議室・オフィスを貸すだけでは収益があがらないため、付帯するサービスをどう提供するかが重要になってきます。

ATOMicaは、ビットキーの関連会社という立ち位置であるため、コワーキング・スペースにビットキーが開発するスマート・ロックなどの最新の製品が導入され、生きたショー・ルームのようになっていることが特徴的です。

起業する場合、オフィスが必要となってきます。賃貸オフィス、コワーキング・スペース、シェア・オフィス、バーチャル・オフィスなど、様々な選択肢があり、とても悩ましい問題です。「冊子版創業手帳」では、創業期のオフィスの選び方について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ATOMica コミュニティ コワーキング・スペース ビットキー 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集