SaaS型OKR(目標管理)サービス運営の「Resily」が5億円調達

2020年2月20日、Resily株式会社は、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。

SaaS型OKRサービス「Resily(リシリー)」を開発・運営しています。

OKRとは、Objectives and Key Resultsの略で、目標と成果指標のことです。

目標の難度を上げ、明確なゴールを設定することで、達成に向けたエンゲージメントが向上します。

「Resily」は、会社の事業方針や、各部の目標設定の関連、事業方針に対しての各部署、各メンバーの戦略や実行プラン・タスクを可視化することで、社員全員が目標を把握できます。

今回の資金は、「Resily」の技術開発や、販売体制の強化、カスタマー・サクセスの強化に充当されます。

OKRは、Googleも1年目から採用し、現在も続けている手法です。Googleの例からも、スタートアップの成長に有用であると注目されています。

しかし、検索してみると“失敗”がサジェストされることから、運用が難しい手法なのです。ハイ・リスク、ハイ・リターンのリスクを低減してくれるツール・サービスは需要があるのでしょう。

冊子版創業手帳」では、創業期に整備しておくとよい社内システムについて詳しく解説しています。創業期は時間や人手が足りていない場合が多いので、業務効率を上げるツール・サービスはとても重要です。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ OKR Resily SaaS リシリー 株式会社 目標管理 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集