パーソナル・コーチング・サービス「mento」運営の「ウゴク」が4,000万円調達

2019年10月3日、株式会社ウゴクは、総額4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

パーソナル・コーチング・サービス「mento(メント)」を運営しています。

ビジネス・キャリア・人間関係など、あらゆる悩みを抱えた人向けに、専門のトレーニングを受けたプロのコーチを紹介するサービスです。

今回の資金は、サービスの機能改善や、採用の強化に充当されます。

株式会社ウゴク 代表取締役 木村憲仁氏のコメント

今回のニュースにつきまして、株式会社ウゴク 代表取締役 木村憲仁氏よりコメントが届きました!

木村憲仁
1990年生まれ。早稲田大学文学部卒業。学生時代は創業間もないアカツキでのインターン後、大学の先輩と共に起業。取締役に就任しエンジニア兼デザイナーとして旅行情報サイト運営や受託開発などを行う。2014年新卒でリクルートホールディングスへ入社。カーセンサーのPdMリーダーを4年半務め、消費者向けのサービス開発を牽引し事業成長に貢献。2017年ニューラルネットワークを用いた画像判別のサービス実用化でリクルートグループ全社イノベーションアワードを受賞。2018年10月に退職し、株式会社ウゴク創業。
ーこの事業を始めた経緯について教えてください。

木村:当初、リクルート退職後はそこで培ったノウハウを生かした事業を展開していこうと考えておりました。しかし自分がやりたくて始めたことにもかかわらず、やる気がおきないの日々が続いてしまいました。そんな状態ではパフォーマンスが上がらないので、なんとかせねばと考えている時に、知人や奥さんから「仕事で悩んでいるときはコーチングがいいらしい」とのアドバイスをもらい、試しに受けてみることに。

そのコーチングにより、会社員としての自分と、個人としての自分のミッションは一致させられると思っていたがどうにも折り合いがついていなかったことに気付きました。あらためて自分にとって本当にやりたい事を考えていくと「身近な人を幸せにできる手ざわりのある事業を通して、大きく社会を変えていくこと」だという答えに行き着きました。

そう思うと世界が広がり、景色が一変しました。シンプルに言えば、ビジネスとして何が成功するのか?ではなく、誰を幸せにするのか?が自分にとってモチベーションの源泉だったわけです。

そうして、身近な課題を考えていくと、自然とあることに気づきました。「その人に合ったコーチを探すことの難しさ」です。せっかくコーチングを受けてみたいと思っても、検索して出てくる情報は少なく、コーチの方の違いも分かりづらいのが現状です。

そもそもコーチング自体の認知が十分とは言えず、知っていても「なんとなく怪しい」と思っている人も多いのが現状だと思います。コーチングの効用は素晴らしく、受けてみてほしい友人の顔が浮かぶ一方で、その人にあったコーチを探すのはとても難しいという事実は、コーチングに救われた人間からすると社会的損失だとすら思えてきたのです。

これからの社会において、「自分自身の価値基準を明確にし、自分らしい生き方をしたい」と思う人が増えていくことは間違いないでしょう。自分自身と向き合う方法論としてのコーチやコーチングが果たす役割は、決して小さくないはずだと確信しています。誰もがパーソナルコーチを当たり前につけ内省を深めながら、目標達成と自己成長を歓び、限られた人生の時間を自己肯定感高くすごせる世界を作る。それが自分自身のミッションであると、本気で考えています。

ー今回の資金調達について、どのような反響がありましたか?

木村:非常に多くの反響があり、本格リリースでの登録者数は初週で数百名を超えています。元々、Twitterなどソーシャルを中心にコーチングが話題になりつつあったということもあり「コーチングに興味があったので受けてみたい」「こういうサービスが欲しかった」など嬉しい声をたくさんいただくことができました。なかでも意外かつ多数だったのが、「自分もコーチングができるようになってみたい」という反響です。自分自身の問題についてコーチとセッションしたいという需要と同時に、他の人の想いや課題について傾聴できる力を伸ばしたいと思っている人が増えてきているのだと感じます。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

木村:まずはtoCでのコーチングサービスをしっかりと伸ばしつつ、toBパッケージとしての提供もしっかり行なっていきます。マネジメント層に対しコーチングスキルを体感していただくとともに、自身が抱えるキャリアや組織に対する悩みやもやもやをコーチングによって変化させていくことによって、より高い生産性や目標達成をサポートしていくことを目指しています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ mento ウゴク 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
製造業向けインターネット・サービス提供の「アペルザ」が12億円調達
2019年7月31日、株式会社アペルザは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メーカー横断で製品情報を検索できる製造業向けカタログ・ポー…
(2019/8/6)
クラッソーネが施主と解体⼯事会社のマッチング・一括見積りサービス「くらそうね」β版を提供開始
解体工事・外構工事の3社一括見積もりサービスを運営する株式会社クラッソーネが、新サービス「くらそうね」β版を8月1日より愛知県限定で提供開始しました。 「く…
(2019/8/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)