注目のスタートアップ

店舗型モビリティビジネス向けプラットフォーム「SHOP STOP」を展開する「Mellow」が10億円調達

company

2022年6月28日、株式会社Mellowは、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。

Mellowは、キッチンカーなど店舗型モビリティビジネス向けのプラットフォーム「SHOP STOP」を展開しています。

オフィス街、住宅街、病院など多様な場所に、キッチンカーなどの店舗型モビリティを配車するプラットフォームサービスです。

登録する事業者は「SHOP STOP」により開業セミナーや、出店場所の紹介、キッチンカー専用アプリ・基幹システムによる支援を受けられます。

企業・地域・行政・事業者との連携を強化し、未来のサステナブルな街づくりを見越した連携、コロナ禍で縮小したイベント市場の復活、事業者および利用者の安心安全面の整備、AI技術によるデータ活用などのシナジーを加速させます。

今回の資金は、積極的な人材採用に充当します。

キッチンカー(フードトラック)は出店コストが低いことや、場所を移動できることなどのメリットから、数年ほど前からオフィス街などでよく見かけるようになりました。

また、新型コロナウイルス感染症の流行により人の流れが変わったため、最適な販売場所を見つけるために移動できるキッチンカーはさらに注目を集めています。

一方で、キッチンカーではその出店場所の確保がもっとも難しい要素です。人流の多いオフィス街や公共施設などに出店したい場合は、そのビルオーナーや施設管理者に許可を取る必要がありますが、キッチンカーの経営者に対する信用がないと許可がおりないケースが多々あります。

また、スペースを提供する側にとっても、そのエリアの活性化などで多様な店舗型モビリティを誘致したいというニーズがありますが、店舗型モビリティ事業者の多くは個人事業主であるため、まとめて情報を入手し比較検討することが困難です。

この双方の課題の解決を目指すのが、Mellowが運営する「SHOP STOP」です。

店舗型モビリティは飲食以外にも、マッサージなどのサービスの提供やアパレルの販売などでも活用できます。出店コストが低いというメリットがあるため、「SHOP STOP」といったプラットフォームの整備が進み店舗型モビリティでの営業の利便性が向上することで、さまざまな事業者が増加することが予測されます。

株式会社Mellowのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Mellowよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

SHOP STOPの強化が大きな目的の一つです。

各株主企業様とは事業レベルでの連携を想定しており、移動販売業界の基盤を共に作っていけたらと思っています。

また、資金使途としては、プラットフォーム基盤をさらに強化するため、
1. スペースオーナー様への提案力(セールス)
2. モビリティ事業者へのカスタマーサクセス
3. アプリの機能充実(エンドユーザーの利便性向上)
上記を目的とした採用強化を行ってまいります。

・今後の展望を教えてください。

「SHOP STOPアプリ」では、ユーザーに移動販売の新しい魅力や新しい発見に出会う機会を創出しております。もっと使いやすくすることで、「街の変化に気づく場所」としての役割を強化し、ユーザー体験をさらに磨いていきたいと考えています。

また、月間30万食のトランザクションデータを活用した事業者さまへのカスタマーサクセスに力を入れ、ビジネスの成功に伴走できる体制を強化したいと考えています。

・読者へのメッセージをお願いします。

Mellowは「それぞれの豊かさを、それぞれの想いで。」というパーパスのもと、事業を行っております。

店舗型モビリティは、コンテンツだけではなく、コンテキストも届けながら、街に継続的な変化をもたらし、人々の豊かな生活に寄与できる業態です。

SHOP STOPは現在20都道府県にまで実績を広げましたがまだまだ道半ばです。

さらに沢山の方々にサービスをお届けできるよう邁進してまいります。

累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の飲食に特化した別冊「飲食開業手帳」」では、出店に関するノウハウや、資金繰りの改善方法、スタッフの採用・教育など、飲食店の開業に必要なノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Mellow SHOP STOP キッチンカー ショップ・モビリティ フードトラック プラットフォーム 店舗型モビリティ 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

子供向けオンライン読書教育の習い事サービス「ヨンデミーオンライン」提供の「Yondemy」が1億円調達
2021年11月9日、株式会社Yondemyは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 子供向けオンライン読書教育の習い事サービス「ヨンデミーオンライン」を提供しています。 5〜15歳を対…
​次世代型テーマパーク「リトルプラネット」運営の「プレースホルダ」が6億円調達
2019年11月29日、株式会社プレースホルダは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 デジタル技術を活用した次世代型テーマパーク「リトルプラネット」の企画開発・運営を行っています。 …
医療機関データベースと電子紹介状によりスムーズな医療機関間連携の実現を目指す「M-INT」が6,000万円調達
2022年8月1日、株式会社M-INTは、6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 M-INTは、医療機関データベース「M-INT」と、医師資格証カードを用いた電子紹介状システムを開発し…
社員食堂の遊休時間を活用する「ランチケータリング」提供の「ノンピ」が2億円調達
2019年11月28日、株式会社ノンピは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 社員食堂の遊休資産を活用して収益化する「ランチケータリング」を提供しています。 遊休資産となっている社員…
「創業手帳」によるセミナー「キャッチコピーの作り方講座」が11/26に開催 受講者募集中
創業手帳株式会社は「キャッチコピーの作り方講座」を2020年11月26日(木)に開催することを発表しました。 「キャッチコピーの作り方講座」は、キャッチコピー=伝わる文章だと捉え、伝わる文章を書くため…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ