個人から法人へ時間を販売できる「TimeTicket Pro」が正式リリース

個人が時間を売買できるプラットフォーム・サービス「TimeTicket」を運営している株式会社グローバルウェイが、2019年6月26日、に事業を分社化し、株式会社タイムチケットとして「TimeTicket Pro」を2019年6月26日にリリースしたことを発表しました。

TimeTicketは副業ノウハウ、プロフィール写真撮影、恋愛相談、転職・キャリア相談など、約33,000種類の個人の時間がチケットとして販売されています。

「TimeTicket Pro」では、個人が法人に時間を販売することができる新サービスです。従来の業務委託や人材派遣とは異なり、取引手数料を完全開示。取引内容と取引評価を外部に公開することにより、個人の信用を可視化します。

<創業手帳・創業者 大久保幸世の視点>

人の流動化サービスが増えている
現在、人のシェア系のサービスでは、クラウドソーシング向けのクラウドワークス、ランサーズ、コンサル系のビザスク、ココナラなど様々なサービスがあります。固定化された人の力を部分的に流動化させるのが、これらのサービスの共通点ですが、それぞれ違いを打ち出しています。今後、日本は労働力不足、一方で社会が変化していく中で、スキルを部分的に売っていく動きも強くなっていくでしょう。

スピンオフ型のベンチャーの系譜
タイムチケット自体は、既存の企業から分社というパターンなので、一種の社内ベンチャー、社内起業と言えるでしょう。このパターンで大きくなったのは、キーエンスからイプロス(B2Bマッチング)、パソナからベネフィット・ワン(福利厚生)などがあります。

スピンオフで成長した会社の最たる例が、古河鉱業→古河電機→富士電機→富士通(通信)→ファナック(ロボット)のパターンでしょう。今後、起業だけでなく、スピンオフ・分社型の起業も日本の経済発展に寄与していくと予想されます。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ トレンド
関連タグ タイムチケット 副業 株式会社グローバルウェイ 業務委託

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
製造業向けインターネット・サービス提供の「アペルザ」が12億円調達
2019年7月31日、株式会社アペルザは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メーカー横断で製品情報を検索できる製造業向けカタログ・ポー…
(2019/8/6)
クラッソーネが施主と解体⼯事会社のマッチング・一括見積りサービス「くらそうね」β版を提供開始
解体工事・外構工事の3社一括見積もりサービスを運営する株式会社クラッソーネが、新サービス「くらそうね」β版を8月1日より愛知県限定で提供開始しました。 「く…
(2019/8/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)