イベント特化型SNS「EventHub」運営がSalesforce Venturesから資金調達を実施

画像は株式会社EventHubのホームページより引用

2019年4月15日、株式会社EventHubはセールスフォース・ドットコムの投資部門であるSalesforce Venturesを引受先とする資金調達を実施したことを発表しました。
また、セールスフォース・ドットコムと協業し、データ連携を開始する予定です。

株式会社EventHubは、カンファレンスや展示会に導入することにより来場者・出展社間のビジネスネットワーキングや商談の機会を増やすサービスである「EventHub」を展開しています。

株式会社EventHub 代表取締役 山本理恵さんよりコメント

今回のニュースについて、株式会社EventHub 代表取締役 山本理恵さんよりコメントが届きました!

山本 理恵(やまもと りえ)
1988年英国生まれ。ブラウン大学経済学部・国際関係学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニー サンフランシスコ支社入社。マッキンゼー在籍中に認定特定非営利活動法人Teach For Japanへ出向する。2016年に株式会社EventHubを設立し、イベントのビジネスマッチングを加速するマッチングサービス「EventHub」を提供。
ーサービスを作った理由を教えてください。

山本:米国で16年過ごし日本に帰国後、ベンチャー企業のコンサルティングや海外マーケティングなどをしていた際に、日本と海外のビジネスパーソンをつなぐ”橋渡し”をする機会が多くありました。

その頃、よく海外で展示会に出展したり、カンファレンスに参加していたのですが、海外ではイベント・カンファレンスでマッチング、ネットワーキングツール等のテクノロジーが活用されているのが当たり前でした。新しいマーケットに参入するときも効率的にリードが獲得できるなど、利用者として価値を感じました。

このようなツールは州境・国境を超えてビジネスをする必要があり、またMA/SFA/CRMが普及していてイベントROIのデータ化が進んでいればいるほど、導入されている傾向がありました。日本でも今後ニーズは増えると思い、事業スタートに至りました。

ー今までVC調達に慎重だった理由は?

山本:理由は2つあります。

1つ目は、B2Bサービスの場合、本当にニーズがある課題・領域であれば、最初はコンサルティングやベータ版のサービスからでも最低限資金は得られる、と考えていたからです。外部から資金調達する前に、対価をきちんと得られるかどうかの検証に時間を使いたかったのです。

2つ目は、融資や補助金など、VC以外にも様々な調達方法があったからです。資金コストの面から考えると、最初に融資などを検討するべきだと思っていました。

ーなぜ出資で調達したのですか?

山本:今後の展開・サービス強化はもちろん、適切なタイミングでシナジーが高いパートナーとのご縁があったためです。

ー今後の展開を教えてください

山本:以前から提供しているマッチング機能に加え、ビジネスのシーズ・ニーズのレコメンド機能や、イベント登壇者に対するQ&A・ポーリング機能など、イベント参加者のエンゲージメントを高めた上で適切なビジネス交流を促す機能を実装していきます。

また、セールスフォース・ドットコムと協業することにより、イベントに参加する企業がイベント内で獲得した情報を自動的に記録する仕組みや、自社の取引データベースを参照し既存の取引先や親和性が高い企業がイベント会場にいる際に、両社を結びつける仕組みを提供して参ります。

EventHubのホームページはこちら

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ マッチング 起業家向けイベント
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ペットシッターのシェアリング・アプリ「ぱうわん」運営の「ぱうれんつ」が資金調達
2019年8月30日、株式会社ぱうれんつは、資金調達を実施したことを発表しました。 ペットシッターのシェアリング・アプリ「ぱうわん」を運営しています。 アプリから、100%有資格のペット・シッターに、…
スキル・シェア・サービス「Workship」の運営元が2億円調達
2019年4月18日、株式会社GIGは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 プロフェッショナル・フリーランス向けスキル・シェア・サービス「Workship(ワークシップ)」を運営して…
卸売業者と飲食店をつなぐプラットフォーム「クロスマート」がリリース
2019年4月15日、XTech株式会社は、子会社のクロスマート株式会社を通じ、「クロスマート」を2019年4月15日から正式に開始することを発表しました。 「クロスマート」は、卸売業者と飲食店をつな…
建設業マッチング・アプリ運営の「助太刀」が7億円調達
2019年7月2日、株式会社助太刀は、総額約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 建設現場と大工や左官などの現場職人をマッチングするアプリ「助太刀」を運営しています。 ほかには、その日の稼ぎ…
「エムスリー」と「ディープコア」が医療系AI分野の事業化支援プログラムを開始
エムスリー株式会社と、株式会社ディープコアは、医療系AI分野における産業育成を支援するプログラムを発表しました。 臨床でのAI活用を促進するため、医師とAI技術者をマッチングするイベントを共同で開催し…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ