荷物預かりの「ecbo」が大手百貨店の「そごう・西武」と提携

2019年3月8日、ecbo株式会社は、株式会社そごう・西武と提携したことを発表しました。

ecboは、遊休スペースを活用し荷物を預かれるようにするシェアリング・サービス「ecbo cloak」を提供しています。

今回の提携により、2019年3月11日から、西武渋谷店「1階案内カウンター」に「ecbo cloak(エクボクローク)」を導入し、荷物預かりの実証実験を開始します。

ecbo株式会社 執行役員 猪瀬 雅寛氏からコメントが届きました!

今回のニュースにつきまして、ecbo株式会社 執行役員 猪瀬 雅寛氏からコメントが届きました!

猪瀬 雅寛(いのせ まさひろ)
ecbo株式会社 執行役員/Bizdev/Sales

1990年生まれ 東京都杉並区出身 学習院大学理学部数学科卒。
新卒でNTTdocomoに入社し法人営業を経て、2017年4月よりecbo株式会社へ入社、加盟店開拓営業組織の立ち上げ業務をメインに行う。
2017年にecboが福岡市における経産省の実証実験に参画した際には、福岡市に常駐し当エリアでのサービス立ち上げを担当。
フィールドセールス、代理店、インサイドセールス部隊の立ち上げを経て、現在は主に大手企業とのアライアンスを軸にBizdevを担当している。
ー今回の提携について、目的はなんでしょうか?

渋谷エリアの荷物預かり需要に対して対応していくこと、外国人からも馴染みのあるそごう西武に導入することによる、外国人への認知・利用拡大を目的としています。

また、導入により期待するポイントは2点あります。

1つ目は、相互送客、新規顧客への認知の獲得です。ecbo cloakの認知・利用獲得とともに、ecbo cloakを通して西武渋谷への来店の動機づけになればと考えています。

2つ目は、お客様の回遊性向上です。荷物を預けて手ぶらになることで、店舗内や渋谷エリアの回遊に繋がることが期待されます。

ー今回の提携について、反響はありましたか?

おかげさまで、リリース直後から多くのお問い合わせをいただき、メディアでも取り上げていただいております。

ー今後の展開を教えてください。

今後、この実証実験の結果を踏まえて今後の展開について検討をしてまいります。

カテゴリ トレンド
関連タグ シェアリングエコノミー関連のニュース 提携関連のニュース
関連記事はこちら

荷物預かりサービス「ecbo cloak」は、ある旅行者との出来事から始まった。工藤社長独占インタビュー

トレンドのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)