記憶度により問題が自動で最適化されるアプリ「Monoxer」の運営元が1億円調達

2018年12月17日、モノグサ株式会社は、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

知識習得のための問題作成から習得判定までを自動で行うスマートフォン・アプリ「Monoxer」を開発・提供しています。

習得したい情報を取り込むことで、知識習得のための問題が自動生成されます。

また、ユーザーの学習状況から知識の定着度の計測を行い、問題の出題頻度や難易度を自動で調整してくれます。

今回の資金は、「Monoxer」のさらなる研究開発・普及に充当されます。

カテゴリ 有望企業
関連タグ スマホアプリ関連のニュース 教育プログラム関連のニュース

有望企業のピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)