「サムライインキュベート」が30億円規模の6号ファンドを組成へ

株式会社サムライインキュベートは、「Samurai Incubate Fund 6号投資事業有限責任組合」の組成を発表しました。

この新ファンドへの主な出資者は、セイノーホールディングス、セプテーニ・ホールディングス、マネックスグループ、ロート製薬、FFGベンチャービジネスパートナーズです。

平成30年12月を目処に、総額30億円の調達を目標としています。

出資先は、テクノロジーを軸とした事業を展開するシード期のスタートアップです。

また、日本・イスラエル・アフリカ大陸という3つのエリアに特化したインキュベーションも実施する予定です。

カテゴリ トレンド
関連タグ VC関連のニュース ベンチャーキャピタル関連のニュース 新規事業関連のニュース 海外展開関連のニュース

トレンドのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら