千葉大学発のドローンスタートアップ「自律制御システム研究所(ACSL)」が21億円調達!

平成30年1月9日、株式会社自律制御システム研究所は、総額21億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、未来創生ファンドや、iGlobe Partnersが運営するファンドなどです。

千葉大学の教授だった野波健蔵氏により設立された、産業用途に特化した国産ドローンを開発するスタートアップです。

平成28年後半に、産業アプリケーション用に開発されたプラットフォーム機体「PF1」をリリースしています。

カテゴリ 有望企業
関連タグ ドローン関連のニュース

有望企業のピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら