創業時に会計ソフトを選ぶなら法改正への対応に注目!

資金調達手帳

中・小規模事業者に嬉しい機能が揃ったソリマチの「会計王」なら、電子帳簿保存法にも対応

創業時に欠かせない準備アイテムのひとつである「会計ソフト」。
多機能で優秀なソフトが多い中で、どんな会計ソフトを選べば良いかお悩みの方も多いと思います。

そこで今回は、創業時の会計ソフト導入でお悩みの方のために、中小企業にピッタリなソリマチの「会計王」をご紹介します。
電子帳簿保存に対応しており、法改正にも迅速な対応を実施
簡単に導入できるだけではなく、機能やサポートがしっかりしている会計王の魅力を見ていきましょう。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

 

ソリマチの会計ソフトシリーズは電子帳簿保存法に対応!


令和2年分の確定申告から、従来は65万円だった青色申告特別控除額が55万円へと引き下げになったのをご存じでしょうか。
しかし、「電子帳簿保存の申請書」を提出したうえで、電子帳簿保存に対応したソフトで会計データを作成することで、引き続き65万円の青色申告特別控除を受けることができます
また、基礎控除額が38万円から48万円に引き上げになっており、個人事業主の場合には最大で青色申告特別控除額65万円と基礎控除額48万円の、計113万円もの控除を受けることができます

ソリマチの会計ソフト「会計王」は、第三者機関である「公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)」の認証を取得
税法で要求される要件をクリアしており、複雑な申請書類のチェックを簡略化、安心して使うことができます。

多様なニーズに応える豊富なラインナップ

ソリマチの会計ソフトシリーズは、多彩なニーズに応えるラインナップも魅力のひとつです。

個人事業主専用の単式簿記の「みんなの青色申告」は、会計王同様にWeb明細から仕訳を自動で作成することができます。
NPO法人のための「会計王NPO法人スタイル」は、NPO法人新会計基準に対応しており、特有の決算書だけではなく新会計基準で新たに追加された書類の作成も可能です。
介護事務所のための「会計王介護事務所スタイル」は、会計王同様に自動仕分けに対応しており、実地指導の対策も安心です。
さらに、自動仕訳・自動集計に対応しており、パソコンや簿記の初心者にも優しい会計ソフト、「会計王PROネットワーク対応版」などのシリーズがあります。

また、ソリマチのソフトは会計・経理だけではなく、会計以外のバックオフィス業務をサポートする製品も豊富です。
最新の法令に対応している給与計算ソフト「給料王」や、請求書の発行だけではなく売掛管理、売上分析もお任せの販売管理ソフト「販売王」、顧客情報の管理や有効利用が可能な顧客管理ソフト「顧客王」などがあります。
顧客王と販売王はネットワーク対応製品も発売されおり、顧客王のネットワーク対応版は、簡易LAN対応で3ライセンスがセット。
自社にあったスタイルの製品を選ぶことができます。

いずれのソフトも会計王同様に、簡単操作でしかっり機能、しっかりサポートがセットになっていて、「使いやすい」と評判です。

お客様満足度No.1!「会計王」の魅力


会計王は、「お客様満足度No.1(2020年8月株式会社プラグ『業務ソフトに関する調査』)」に輝いた会計ソフトです。

簡単「導入・設定」

会計王は、導入時の設定が簡単で、業種を選ぶだけ。
難しい設定が要らないので導入がスムーズです。
また、他社のデータを取り込むことができるので移行も自分で行うことができます。

らくらくエスコート」機能があり、質問に回答するだけで新規データを作成できます。
業種や部門にに合わせてカスタマイズも可能なのも嬉しいポイント。
さらに、万が一の際にも安心なクラウド機能がついています

自動会計で「仕分け・入力」がスムーズ

仕分け・入力は、明細入力不要の自動会計を採用。
多彩な伝票をスタイルで選べるだけではなく、対話形式で仕分けのアドバイスを実施。
お決まり仕訳登録」や2,000件以上の事例を収録した「仕訳博士」など、実務に欠かせないサポートが充実しています。
監査機能があり、入力ミスや抜け漏れの対応も安心です。

本格的な分析が可能な「集計・管理」

集計・管理では、B/SやP/Lをリアルタイムで把握でき、多彩な集計で知りたい状況がスグにわかります
手形の管理」や「実績表・予定表」があり、資金繰り科目設定と勘定科目の対応づけをすることで資金繰りが便利になります。
さらに、月次残高推移表から本格分析までを網羅しているのも魅力のひとつです。

やることナビで申告も安心「決算・印刷」

決算・印刷では、マイナンバーにも対応しており、個人は白色・青色双方に対応しています。
青色申告決算書は、一般・不動産専業の方だけではなく、一般所得のある不動産兼業の方まで幅広いニーズをカバーしています。
やることナビがあるので、青色申告をミスなく進められるだけではなく、税務署配布用紙(OCR用紙)に直接印刷できるのも嬉しいポイントです。

新機能「MoneyLink」


AI自動仕訳をしてくれるMoneyLink」。
国内99%の金融機関から利用明細の自動取り込みを行って、明細を勘定科目に自動で変換してくれます。
インストール型なので、通信速度に左右されることなく動作が安定しておりスピード処理が可能です。

年間有料保守サービス「バリューサポート」


会計王はソフトだけではなく、有料年間保守契約「バリューサポート」と「実務解説本」がセットになっています。

バックオフィス業務は、会計基準の改定や申告様式の変更などの不定期に生じる外部環境の変化に対し、常に適切な対応を取る必要があります
ソリマチでは、年間有料保守サービス「バリューサポート」を提供しており、サポートセンターのご利用や最新バージョンの無償提供、便利な無料ツールや特別割引など様々な特典があります。

申込はユーザー登録が済んでいない場合、新規ユーザー登録を完了した際に表示される「バリューサポートのご案内」から行います。
ユーザー登録が済んでいる場合には、「ユーザー登録完了通知」に同封されたお申込書(振込用紙)もしくは公式オンラインショップから申し込むことができます。
期間満了になる約2ヶ月前に「バリューサポート更新のご案内」が郵送されるので、振込用紙で更新を行うことができます。

各製品共通で使える特典サービス

バリューサポートには、各製品共通で使える特典サービスがあります。

購入後15ヶ月間は、専属スタッフによる電話サポートを無料で受けられます。
また、「改正対応保証」があり、法令・制度改正が行われた際には、更新プログラムが提供されるので安心です。
次期製品無償提供」を行っているので、次期製品がリリースされた際には、無料で送付してもらえます。

ソリマチ製品に明るい税理士から2ヶ月間無料で指導を受けられる「無料税務相談」や、仕上がりが美しい「専用帳票10%OFF」。
さらに、ビジネス書類作成に欠かせない12,600アイテム以上の「ビジネス文例集」無料ダウンロード、法令改正情報や税務ニュースなどが毎月届く「メルマガバックナンバー」サービスを無料で受けることができます。

ビジネスシーンで活躍する嬉しい無料特典が満載です。

各製品別に使える特典サービス

会計王では、「電子申告ソフト」と「訪問指導 10%OFF」、そして「破損CD-ROM無償交換」に「福利厚生 特別割引」の特典サービスを利用できます。

電子申告ソフトでは、国税庁電子申告システム「e-tax」と連携している「みんなの電子申告」をホームページからダウンロードできます。
そして、ソリマチ製品を活用するための訪問指導サービス「レスキュー王」の利用が10%OFFです。
さらに、製品CD-ROM破損時に、1回に限って新しいCD-ROMと無償で交換してもらえます。
また、ベネフィットワンが提供している福利厚生サービスの特別割引を受けられるのも嬉しいポイントです。

バリューサポートの料金

バリューサポートは年間契約です。

みんなの青色申告:6,600円(税込)
会計王、給料王、販売王、販売王 販売・仕入・在庫、顧客王:各33,000円(税込)
2ライセンスパック製品(会計王PRO、販売王 販売・仕入・在庫):各 44,000円(税込)
3ライセンスパック製品(会計王PRO、販売王 販売・仕入・在庫):各 49,500円(税込)

会計王のバリューサポートを延長する場合、1年間で33,000円(税込)です。

電子帳簿保存法改正の適用を受けるためには届出が必要!

※1 保存義務者が、税務職員による質問検査権に基づいて電磁的記録のダウンロードの求めに応じられるようにしている場合は、検索要件のうち②③は不要。
  スキャナ保存及び電子取引も同様です。
※2 「優良」の要件を全て満たしている場合には不要。

法人・個人事業主の会計で注意したいのが、「電子帳簿保存法が令和3年度の税制改正で見直され、令和4年1月1日に施行される」点です。
電子帳簿保存法は「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律」という正式名称があり、「電子帳簿保存」「スキャナ保存」「電子取引」における電磁的記録による保存を定めた法律です。

この改正によって、電子帳簿等保存では「税務署長の事前承認制度の廃止」「優良な電子帳簿に係る過少申告加算税の軽減措置の整備」が行われ、「最低限の要件を満たす電子帳簿も電磁的記録による保存等が可能」になりました。
所定の手続きを行うことで、所得税の青色申告特別控除(65万円)の適用と過少申告加算税の5%軽減を受けることができるようになったのです。

また、スキャナ保存では、「タイムスタンプ要件や検索要件の緩和」「適正事務処理要件の廃止」と「スキャナ保存された電磁的記録に不正があった場合における重加算税の加重措置の整備」が行われました。
さらに、電子取引においては、「タイムスタンプ要件と検索要件の緩和」「適正な保存を担保する措置のための見直し」が実施されました。

検索要件の緩和に関しては、基準期間の売上高が1,000万円以下の「小規模な事業者」を対象にしており、税務職員による質問検査権に基づく電磁的記録のダウンロードの求めに応じられるようにしている場合には、検索要件が全て不要になります。

電子帳簿法改正によって必要になる届出とは

新たに対象の帳簿について電子保存を行う場合には、双方の適用を受けようとする課税期間に係る法定申告期限が来る前に、所轄の税務署長にあてて本措置の適用を受ける旨等を記載した届出書を提出する必要があります。

既に税務署長の承認を受けている場合には、「取りやめの届出書の提出もしくは税務当局からの取消処分がない限り有効」なので、承認の取りやめの届出書の提出等の手続きを行ってから、所轄の税務署長にあてて本措置の適用を受ける旨等を記載した届出書を提出します。

つまり、会計王を使用して青色申告特別控除(65万円)の適用と過少申告加算税の5%軽減を受けるためは、所轄税務署長に届出をしなければならないのです。
国税庁ホームページの「電子帳簿保存法関係」には、申請書の様式や電子帳簿保存法に関するQ&Aなどが掲載されています。
申請をお考えの方は、こちらも併せてご確認ください。

出典:国税庁「電子帳簿保存法が改正されました

ビジネスをサポートしてくれる会計ソフトを選ぼう

創業時だけではなく、長年に渡ってビジネスを支えてくれる会計ソフト
青色申告特別控除だけではなく、次期製品無償提供や法令改正への対応など、充実したサービスが魅力の会計王は、ビジネスを強力にサポートしてくれます。
操作が簡単で、しっかりした機能が付いていますので、ぜひ導入をご検討ください。

創業手帳では、企業をお考えの方や創業間もない経営者の方のために「創業手帳(冊子版)」を、お手元に無料でお届けしています。
経営ノウハウだけではなく、資金調達・人事・採用・広報など、起業家が知っておきたい情報が多数掲載されているので、お気軽にお問い合わせください。
関連記事
電子帳簿保存法改正でおさえておきたいポイント
人材不足解消や作業効率アップのために見直したい会計業務~使いやすいツールやサービスをITツールマスターが徹底解説

(編集:創業手帳編集部)

このカテゴリでみんなが読んでいる記事
創業手帳
この記事に関連するタグ
創業時に役立つサービス特集
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ