住信SBIネット銀行法人口座の基本機能を解説!気になるメリットとデメリットは?

創業手帳

インターネット専業銀行「住信SBIネット銀行法人口座」の基本機能やメリット・デメリットをご紹介します

住信SBIネット銀行

オンラインで取引を行えるインターネット専業型の銀行が注目されています。今回ご紹介する「住信SBIネット銀行」は、口座開設や取引先への送金をパソコンですべて行えるため、業務効率向上に最適です。基本機能や法人口座を保有するメリット・デメリットをまとめて解説します。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

住信SBIネット銀行とは?

住信SBIネットHP画像出典元:「住信SBIネット銀行」公式HP

住信SBIネット銀行は、インターネット専業銀行です。あらゆる業種に銀行機能を溶け込ませる「NEOBANK」構想を掲げており、JALマイレージバンク会員向けのサービスも展開しています。

住信SBIネット銀行法人口座の基本機能

インターネット専業銀行の住信ネット銀行は、業務効率の向上につながる基本機能が付いてます。24時間365日取引可能な「インターネットバンキング」はもちろん、経理業務の負担を軽減する「デビット機能付きキャッシュカード」を利用できます。

オンラインで取引可能な「インターネットバンキング」

住信SBIネット銀行の法人口座には、「インターネットバンキング」を備えています。メンテナンスを除く24時間365日での「振込」や「残高照会」に対応しています。

インターネットバンキングを利用すると、パソコン・スマートフォンで手続きを行えるため、ATMや銀行窓口に行く必要がありません。業務が忙しいなかでも、会社から簡単に取引先への送金が可能です。

経費管理に便利な「デビット機能付きキャッシュカード」

住信SBIネット銀行で法人口座を開設すると、審査不要で「デビット機能付きキャッシュカード」を発行できます。キャッシュレスでの支払が可能になるため、経費の立替手続きを減らせるほか、利用明細をオンライン上で管理しておきたい方に便利です。

また、月間の利用金額から「1,000円」ごとに、ポイントが還元されます(Visaは6ポイント、MasterCardは8ポイント)。「1ポイント=1円」として現金に交換可能で、経費削減にも役立ちます。

起業家に嬉しいサービス!住信SBIネット銀行の法人口座を保有するメリット

住信SBIネット銀行には、ビジネスを円滑に進められるメリットがあります。オンラインで申請できる事業性融資「dayta」や、自社に適用する可能性のある助成金・補助金を調べられる「Jシステム」など、すべてパソコンから行えるのが便利です。また、法人口座向けの「振込優遇プログラム」を活用し、手数料をお得に利用できます。

「振込優遇プログラム」で手数料がお得!

住信SBIネット銀行の法人口座向けに提供している「振込優遇プログラム」で、手数料をお得に利用できます。まず、新規で法人口座を開設すると、無条件で「口座開設日の当月および翌月の取引手数料が無料」に適用されます。

また、蒸気機関が経過したあとは、「被振込の件数の合計が月間10件以上」、「デビットカード利用額が月間10万円以上」の2つの条件を満たすごとに、振込手数料が10回無料です。2つの条件を同時に満たすと、振込手数料が最大20回無料になるため、取引先への送金が頻繁に発生する際に、経費を抑えられます。

オンラインで申請できる事業性融資「dayta」

最大3,000万円まで借入可能な事業性融資「dayta」を利用できるのも、住信SBIネット銀行法人口座のメリットです。通常、融資を受ける際には、窓口で申請や所定の書類を提出しなければなりません。

住信SBIネット銀行法人口座の「dayta」では、銀行側から借入条件を毎月知らせてくれるほか、書類や面談が不要としており、業務負担を軽減できます。また、インターネットからの申込に対応しているため、銀行に赴く必要もありません。

助成金・補助金支援を申請できる「Jシステム」

住信SBIネット銀行では、法人企業向けにの助成金・補助金の活用支援を行っています。ホームページから、自動診断システムの「Jシステム」を利用することで、自社に適用可能性がある助成金・補助金を無料で調べられます。

従業員や事業の状況といった約5分ほど完了する簡単なアンケートで、時間をかけずに行えるのが便利です。創業したばかりで、金銭的な支援を受けたい場合に活用できます。

開設前に確認!住信SBIネット銀行法人口座のデメリット


住信SBIネット銀行法人口座を開設する前に、デメリットも確認しておきましょう。インターネットによる取引は手数料の優遇サービスが適用されるものの、ATMでの預入れや引出しには手数料が発生します。また、インターネット専業銀行であるため、窓口での相談を行えない点にも注意が必要です。

ATM手数料が有料

インターネットバンキングでの優遇があるものの、ATMを利用した場合、手数料が発生します。ATMの種類にかかわらず、預入れ、引出しともに「110円(税込)」がかかる点がデメリットです。

窓口での取引や相談を行えない

住信SBIネット銀行は、インターネット専業銀行であるため、一般的な銀行にある「窓口」が用意されていません。口座開設や取引をインターネットから行える点は便利ですが、相談をしたいときに不便に感じる可能性があります。

窓口でのやりとりができない代わりに、専用ダイヤルとメールでの問い合わせに対応しています。

住信SBIネット銀行の法人口座を開設するためには?

画像出典元:「住信SBIネット銀行」公式HP

住信SBIネット銀行の法人口座を開設は、インターネットから行えます。オンライン上で本人確認を行うため、最短で翌営業日には審査結果が出るのも嬉しいポイントです。また、郵送での口座開設にも対応しており、状況に応じて選択できます。

住信SBIネット銀行の法人口座開設に必要な書類

住信SBIネット銀行の法人口座開設には、以下の書類が必要です。
・代表者・担当者の本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、住民票の写しなど)
・法人の印鑑登録証明書

銀行側での審査状況によっては、ほかの書類も必要となる場合があります。

固定電話がなくても開設可能

住信SBIネット銀行の法人口座は、固定電話がなくても開設できます。IP電話番号、携帯電話番号にも対応しており、起業したばかりで固定電話を用意していなくても問題ありません。

まとめ

住信SBIネット銀行の法人口座は、オンライン上で取引を行えるほか、審査不要のデビットカードを提供しており、業務効率を向上できます。利用実績に応じて、取引手数料が最大20回無料になる優遇サービスもあり、経費を抑えたい起業家にもおすすめです。ただし、インターネット専業銀行であることから、窓口での問い合わせを行えない点に注意しましょう。

創業手帳冊子版では、創業したばかりの企業に役立つ情報をご紹介しています。無料で配布しておりますので、Web版と合わせてご活用ください。

関連記事
起業後にネット銀行で法人口座を開設するメリットとは?ネット銀行の特徴と口座開設の手順
経営者はどうやって法人口座を選んでいるのか? 405人の起業家に聞いてみた
こちらのカテゴリをご覧になっている方へおすすめしたい創業手帳冊子
会計・税務は最新号の創業手帳(冊子版・無料)も併せて読んで見て下さい。

この記事に関連するタグ

創業時に役立つサービス特集

リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ