【3/14開催】スタートアップ6社が半年間の成果を披露!IBM BlueHub Incubation Program DemoDay

創業手帳

創業手帳編集部が潜入取材!

(2018/03/14更新)

“OPEN INNOVATION”(オープン・イノベーション)を合言葉に、IBMの最先端テクノロジーを活用し、スタートアップ企業のサポートを推進している「IBM BlueHub」。
その「IBM BlueHub」が主催するイベント「IBM BlueHub Incubation Program DemoDay」が3月14日に東京の丸ビルホールで開催されました。

IBMと著名メンター(指導者)による半年間のブラッシュアップを経た精鋭6社が、企業や投資家の前でプレゼンテーションを行う本イベント。今回はどんな企業が栄光の座を勝ち取ったのでしょうか?創業手帳編集部がその様子を取材してきました!

本文を読む

「IBM BlueHub Incubation Program DemoDay」とは

「IBM BlueHub Incubation Program DemoDay」とは、IBMと著名メンター(指導者)による半年間のブラッシュアップを経たスタートアップが、企業や投資家の前でプレゼンテーションを行うイベントです。

過去にこのイベントがきっかけで出資・提携が多く生まれており、自身のサービスをアピールしたいスタートアップ、新たなサービスとのマッチングを目指す企業、まだ世に知られていない新たな可能性を見出したい投資家にとっても、注目のイベントとなっています。

今回の参加企業

株式会社Trajectory

最先端のロボティクスの知識と知恵を集積し、産業に応用したプラットフォームを構築していくことをミッションに掲げるスタートアップ。
法制度の理解、豊富な知識・経験がなければ困難だったUAV(無人航空機)の高度な運用を、自動化・AI化によって簡単に運用できる支援アプリ「SORAMICHI」を開発しています。

山岳救助の現場での使用を主にしており、実際の現場での導入を目指しています。

株式会社コードミー

作成されたプロフィールを元に、オリジナルの香りを調合してくれる「CODE Meee」を開発しているスタートアップ。
ITの力を使ってお部屋の香りを朝・昼・夜で最適な香りにするアロマ商品を提供することができ、アロマの機器も無料で貸し出す予定とのことです。

すでにアーティストのライブや旅館での検証も行なっており、クラウドファンディング「Makuake」では、開始1週間で目標額を達成したことでも注目を集めています。

コネクテッドロボティクス株式会社

「すべての人がロボットと楽しく暮らす豊かな未来を実現すること」を目指し、ロボット事業に取り組んでいる企業です。

飲食産業の深刻な人手不足や労働者の大きな負担を軽減するためにロボットとAIを活用して、さまざまな調理の自動化・省力化を行い、飲食業の新たな魅力を引き出す事業を展開しています。

第1弾は自動たこ焼き機ロボット「OctoChef」で、発売前ながら様々なメディアで紹介されるだけでなく、6,300万円の資金調達も行なっています。

株式会社サイノス

人間の耳には聴こえない非可聴音を使用した“音の二次元バーコードシステム”「soundcode」を使い、スピーカーやマイクなどを通じた情報発信・クレジットカード決済の事業化を目指しているスタートアップです。

通常の二次元バーコードのような「1対1」ではなく「1対多数」でのデータ送信が可能で、街頭広告やテレビの分野での応用ができそうなサービスです。

株式会社フレンバシー

日々の生活で摂取できない食べ物がある人のために、「食のバリアフリー」を目指すスタートアップ企業です。

ベジタリアン・グルテンフリー・アレルギー・低糖質など、食の制限に対応できる飲食店を集めたレストラン情報サービス「Vegewel」を開発しています。
「Vegewel」で得たデータを外部の企業と共有することにより、幅広い分野でデータの活用を行うことを目指しています。

「Vegewel Style」というメディアも運営しており、こちらでもヘルシーなライフスタイルについての情報や、食の安全性にこだわるレストランの掲載を行なっています。

経済産業省 石井芳明氏による講評

6社のプレゼンテーションの後に、経済産業省の石井芳明氏による講評がありました。

「経済産業省では、規制緩和などの施策でスタートアップを応援したいと思います。IBM BlueHubさんが行なっている「オープン・イノベーション」のように、スタートアップが伸びていくことができるエコシステムをもっと作っていきたいですね。」と、今後のスタートアップ支援についての意欲を話されていました。

石井芳明氏は、以前にも創業手帳でインタビューさせていただきました。
インタビュー記事はこちら→創業支援のキーマン!経産省 石井芳明が語る起業家向けの使える制度

結果発表!優勝はこのスタートアップ!

今回集結したスタートアップ6社の中で、見事優勝したのは、株式会社サイノスでした!

「この半年間、試行錯誤の繰り返しで大変な時もありましたが、このような賞をいただくことができて、本当に嬉しいです!半年間アドバイスしてくださったメンターの方にも、本当に感謝しております。ありがとうございました!」と喜びを溢れさせていました。

株式会社サイノスの今後の活躍に注目です!

「IBM BlueHub Incubation Program DemoDay」概要

【日 時】 2018年3月14日(水)15:00〜
【場 所】 丸ビルホール(〒100-6307 東京都千代田区丸の内2-4-1丸ビル7階)
【参加費】 無料

(編集:創業手帳編集部)

この記事に関連するタグ

創業時に役立つツール特集

リアルタイムPVランキングトップ3

カテゴリーから記事を探す