ゴーゴーカレーが3年でNYに行けたワケ 宮森宏和インタビュー(前編)

創業手帳代表の大久保が、宮森代表の創業エピソードに迫ります

(2020/04/13更新)

「金沢カレー」ブームの火付け役、ゴーゴーカレー。日本国内だけでなく、アメリカNYを始めとする世界進出も積極的に行っている、人気カレーチェーンです。店舗展開のほかに、レトルトカレーの販売や、全国各地にあるカレー店のM&Aを手掛けるなど、多角的な事業を展開しています。

同社の宮森宏和代表は、30歳の時に会社員から独立しました。2004年にはゴーゴーカレー1号店をオープン。大胆な経営戦略で、またたく間に人気店を作り上げました。創業から、どのような戦略・信念で事業を成長させてきたのか、創業手帳代表の大久保が話を聞きました。

宮森 宏和(みやもり ひろかず)
株式会社ゴーゴカレーグループ 代表取締役

1973年石川県金沢市生まれ。高校を卒業後、専門学校を経て、地元の旅行会社に勤務。同郷同世代の松井秀喜選手がNYで活躍する姿に影響を受け、脱サラを決意。2004年5月5日にゴーゴーカレー1号店を新宿にオープンする。そして2007年5月5日、念願のニューヨーク1号店をオープン。美味しいカレーを世の中に広める事をミッションとし、カレーの専門商社として世界一を目指す。

インタビュアー 大久保幸世
創業手帳 株式会社 代表取締役

大手ITベンチャー役員で、多くの起業家を見た中で「創業後に困ることが共通している」ことに気づき会社のガイドブック「創業手帳」を考案。現:創業手帳を創業。ユニークなビジネスモデルを成功させた。印刷版は累計100万部、月間のWEB訪問数は起業分野では日本一の100万人を超え、“起業コンシェルジェ“創業手帳アプリの開発や起業無料相談や、内閣府会社設立ワンストップ検討会の常任委員や大学での授業も行っている。毎日創業Tシャツの人としても話題に。

紙面版の飲食開業手帳(無料)では、飲食店の開業に必要なノウハウを1冊にまとめて紹介しています。こちらの記事と併せて参考にしてみてください。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

「とにかくNYに行きたい」から考え、金沢カレーを選んだ

2003年の4月、元メジャーリーガーの松井秀喜氏が、当時所属していたニューヨーク・ヤンキースの本拠地開幕戦で、満塁ホームランを打ちました。宮森氏は、同世代の松井氏が活躍する姿に感銘を受け、30歳の時に会社員から独立を決意。「自分もNYで輝く人間になる!」という目標を胸に、ゴーゴーカレーグループを立ち上げました。
大久保:起業を決めたとき、どんな心境でしたか

宮森:もともと、20歳の時にNYに留学したことがあり、「いつかここでビジネスをやろう」と考えていました。社会人になってからはこの気持ちを忘れていたのですが、松井秀喜氏のホームランを見て思い出したのです。

創業時は、「とにかくNYに行きたい」というビジョンがあっただけでした

宮森氏は、事業内容を決めるにあたって「どうやったらNYに行けるか」から考えたそうです。さまざまな選択肢の中から選んだのが、宮森氏自身が長年愛してきた「金沢カレー」。カレーには、“自分も好きだし、アメリカ人も好きだし、松井秀喜氏も好き”、と三拍子揃っていることが決め手となりました。

店よりも先に会社を設立し、背水の陣を敷く

大久保:宮森代表は、2003年に、まだ店もない状態で会社を設立されたそうですね。どうして先に会社を作ったのですか?

宮森背水の陣を敷く覚悟です。「引くつもりもないし、行くしか無い」という状況を自分で作りました。仕入れの仕方、仕込み、簿記、シフト作りなど、全部知らない状態からのスタートで、毎日のように学び続け、2004年5月5日(ゴーゴーの日)に1号店を開店しました。

大久保:店を作るには、パワーも資金もいりますよね。創業時、一番大変だったことは?

宮森:お金以上に、信用がないことが大変でした。当時私は、会社も辞めているし、実績もない状態です。テナントを見つけるにしても、誰も貸してくれません。良い立地の情報は、まずチェーン店に行きますし。この点、一番苦労しましたね。

あとは、店の工事が予定通りに進まないトラブルもありました。しかし、我々は「絶対に5月5日に開店する」と決めていたので、間に合わせるため、自分たちで工事を手伝ったりもしました。

なにか問題が起きたとき、多くの人は“できない理由”ばかり言いますが、我々は「どうやればできるか」しか考えていないですね

開店から、ゴーゴーカレーは広報活動も積極的に展開します。チラシを毎晩ポスティングしたり、宮森氏自ら街宣車に乗って派手にPRしたり、新店をオープンするたびに“1皿55円キャンペーン”をやったりと、「人がやらない戦略」で注目を集めました。結果、ゴーゴーカレーは、またたく間に人気店に成長。1号店のオープンから、わずか3年後の2007年5月5日、祈願のニューヨーク進出を果たしました。

「運が良い経営者」になり、成長する組織を作る

美味しいカレーを世の中に広め 世界を元気にする事」を経営理念に掲げるゴーゴーカレー。宮森氏は、壮大なビジョンを実現するために、組織のマインドづくりも徹底しています。

オフィスには、スローガンや事業の目的、心得が掲げられている

大久保:宮森社長は、経営者として「運気」をとても大事にしていると聞きました。なぜでしょうか

宮森経営者の運が悪いと、会社が悪くなります。運の良い優秀な人材が入ってこず、成果が上がらないからです。

大久保:運が良い人、悪い人はどうやって見分けるのですか?

宮森:運がいい人は明るくて前向きだし、人を大事にする。自分のためではなく、世のため人のために仕事をできる人です。経歴は関係ありません。これは見ていればわかりますね。

うちは、価値観が合う人しか入社させません。そして、従業員には「志を持て」と伝えています。大きな志を持てば、それが仕事への信念になっていく。個人と会社、両方の信念・ミッション・ビジョンが大事です。困難を乗り越えて成長するための原動力は、ビジョンをもつ力ですね。

大久保:社員に志を持ってもらうためには、どうすればよいでしょうか

宮森:志を紙に書かせると良いんじゃないでしょうか。志は、自分との約束ですから。自分で約束を決めて、そこに向かって努力を継続し、目標を達成できる人が、成長する人です。三日坊主は運気の低い人ですね。自分で言ったことをやるかどうか。これにつきます

顧客創造のためにいい人材を集め、いい人に学習してもらい、「考える組織」を作る必要があります。

宮森氏の確固たる信念が、ゴーゴーカレーの成長拡大を牽引してきたことがよく分かりました。後編では、宮森氏が掲げる壮大な野望である「カレーのプラットフォーム創り」について掘り下げていきます。近日公開。
関連記事
「麺の神様」開業者へのアドバイス「他社を真似るな!」 大和製作所・藤井薫×創業手帳・大久保幸世インタビュー(1)
飲食店開業をするとき、開業資金/運転資金はいくら用意したらいい?
こちらのカテゴリをご覧になっている方へおすすめしたい創業手帳冊子
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。

(取材協力: ゴーゴカレーグループ / 宮森宏和代表
(編集: 創業手帳編集部)

この記事に関連するタグ

創業時に役立つサービス特集

リアルタイムPVランキングトップ3

カテゴリーから記事を探す

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ