クレジットカード決済 コスト高は過去の話!?

資金調達手帳

スマホ/タブレットで広がるクレジットカード決済

本文を読む


スマホ/タブレットで広がるクレジットカード決済_トップ
売上向上の一つの施策として、あなたのビジネスにクレジットカード決済の導入を検討してみてはいかがだろうか?

高額の商品やサービスを購入する場合、顧客にとっては多額の代金を持参して現金で支払うより、カードでの支払いが便利だ。最近ではクレジットカードで決済するとポイントが貯まるなどのインセンティブも多く、顧客のクレジットカードでの決済は着実に普及してきている。

また、クレジットカード決済の場合、顧客の購入単価が大きくなることが統計的にも知られており、事業者側には導入の大きなメリットになる。

credit_card_payment_figure03

  1. 現金決済:商品やサービス提供の代金を現金で決済時に受け取る
  2. 〇 確実に代金を回収できる
    〇 その場で代金を回収できる(キャッシュフローが良くなる)
    ✕ 高額商品は買ってもらいづらい(機会損失が発生)

  3. 銀行振込・前払:商品やサービスの提供前に、代金を指定口座に入金してもらう
  4. 〇 確実に代金を回収できる
    ✕ 事前の代金の入金確認が必要で手間と時間を要する

  5. 銀行振込・後払:商品やサービスの提供後に、指定口座に代金を入金してもらう
  6. 〇 事前の代金の入金確認が不要
    ✕ 代金の未回収のリスク

  7. クレジットカード決済:商品やサービスの提供後に、クレジットカードで代金を決済する
  8. 〇 高額商品の購入率が上がる
    〇 顧客単価が上がる
    ✕ 代金の入金までに時間を要する(キャッシュフローが悪化)
    ✕ 導入コストが高い
    ✕ 決済手数料が高い

  9. モバイルカード決済:商品やサービスの提供後に、スマートフォン/タブレットを使ってクレジットカードで代金を決済する
  10. 〇 高額商品の購入率が上がる
    〇 顧客単価が上がる
    〇 初期費用、月額費用、決済手数料が安い(無料のサービスもあり)
    〇 代金の入金までの時間が短い(最短翌営業日)
    ✕ 導入コスト、手数料が発生(だだし、従来のクレジットカード決済より割安)

 

一方で、従来クレジットカード決済は、一般的に導入コストが高額な上、決済手数料も高く、スタートアップ企業にはなかなか手が出せないことが多かった。また、現金決済と異なり、代金の入金まで時間を要するため、キャッシュフローが悪化するという課題もあった。

スマホ/タブレットで広がるクレジットカード決済_イメージ

しかし、現在では、スマートフォンやタブレットにカードリーダーを取り付けることで、低コストでクレジットカード決済を利用できるサービスが登場し、急速に普及しつつある。決済代金を最短で翌営業日に入金してくれるサービスも登場し、クレジットカード決済の導入のハードルは大きく下がってきているのだ。

クレジットカードの利用シーンは確実に広がっており、導入コストの問題もクリアされつつある。スタートアップ企業も、ぜひクレジットカード決済の導入を積極的に検討するべきだろう。

関連記事:法人クレジットカードのメリットや特典を理解して会社の経費を削減しよう
法人カード比較!おすすめの法人クレジットカード4選!

この記事に関連するタグ

最新の補助金・助成金情報

この記事に関連する記事

資金調達手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す