注目のスタートアップ

株式会社VACAVO 長岡康生|食育コンテンツの企画・運営事業が注目の企業

食育コンテンツの企画・運営事業で注目なのが、長岡康生さんが2015年に創業した株式会社VACAVO(ヴァカボ)です。

食育というキーワードが一般的になってきました。医食同源と言われるように、『食』は生きる上で欠かすことが出来ない根幹です。食を通じた様々な学びや体験の機会を通じて、人間性を養ったり健康な心身作りを後押ししたりすることが、国としても推奨されています。

2005年に制定された「食育基本法」では、国民一人一人が「食」について改めて意識を高め、自然の恩恵や「食」に関わる人々の様々な活動への感謝の念や理解を深めつつ、「食」に関して信頼できる情報に基づく適切な判断を行う能力を身に付けることによって、心身の健康を増進する健全な食生活を実践すること。さらに、食育の推進に関する我が国の取組みが、海外との交流等を通じて食育に関して国際的に貢献することにつながることも期待される、と明確に述べられています。

しかし、実際に私たちの生活の中において、こうした食育の機会はどのくらいあるでしょうか?

今はハウス栽培や輸出入も活発になり、季節を問わず、年中様々な食材を美しい状態で簡単に手に入れることが出来るようになっています。
口に入る直前のきれいな状態の食物だけを見る機会が多くなり、そこにいたるまでの過程や苦労などに触れることがほとんどありません。
季節ごとの旬な食材について、その食物がどのように実になり収穫されるのかについて、食材産地の情報について、歴史について、栄養素について、美味しい調理方法について等々、しっかりと意識して毎日食と向き合っているという方は少ないのではないでしょうか?

食物一つ一つに意識を持つことが、文化継承や人との関わりの大切さやモノを大事にする心を育み、自分たちの心身の健康を守ることにもつながります。そして世界での日本ブランドを高め、国際競争力を高めることにさえ繋がっていくのです。

今、改めてこの「食育」という取り組みに大きな注目が集まっています。

株式会社VACAVOの事業の特徴は、食に関する知識と体験の双方を提供し、心身と企業体の健康を増進させ、ウェルビーイングな社会作りに挑戦しているという点です。

株式会社VACAVOの長岡康生さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・この事業を開始するに至った経緯について教えてください。

社会が発展するにつれ、日常の中の食育機会が失われていると思ったから始めました。
以前なら近所の小規模青果店(八百屋さん)が野菜の食べ方や保存方法などを教えてくれましたが、大型ショッピングセンターの普及で、セルフ型に移行したため、情報の獲得もセルフになってしまいました。また、核家族化の進行で、祖父母世代からの食文化の継承機会が少なくなったことなどを何とかしたいと思い、事業を始めるに至りました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

食材の食べ方や保存の仕方などを食の有資格者からクイズ形式で、学べ、セミナー受講後には、自宅に実際の食材が送られてくる食育プログラムです。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

健康意識はあるが、何から始めたらいいかわからない方、健康に無関心な方に特にご利用いただきたいです。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

食育機会を創出することによって、日本ならではの食文化の継承、食材への感謝の気持ちや文化を大切に育む心、人とのつながりを大事に出来る習慣を養うことです。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

販路開拓が大変だった。創業当初は、他社さんの商品を販売する代理店業でしたが、自社サービスが必要だと思い、自分たちでコントロールできる自社サービスをリリースすることで、乗り越えました。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

「食育」といえば弊社と呼ばれるように、食育コンテンツを企画開発する食育カンパニーにしていきたいと思います。

・今の課題はなんですか?

コロナ禍に対応できるビジネスモデルの構築です。

・読者にメッセージをお願いします。

弊社は、食育コンテンツの企画・開発をしており、現在、お問い合わせが多いサービスとして、「食育マルシェ」という健康経営サービスがあります。
食育は、子どもに対するものと思われがちですが、私たちは、大人に対して施すことで、自然と家庭において子どもにおちていくと考えております。
まずは、大人が食育により健康意識に目覚め、楽しい人生を送っていただきたいと考えております。
食育普及というミッションを実現するべく、社業に励んでまいりますので、何かご一緒できることがあれば、いつでもお声がけください。

会社名 株式会社ヴVACAVO(ヴァカボ)
代表者名 長岡康生
創業年 2015年
社員数 3名
事業内容 食育コンテンツの企画・運営
サービス名 健康経営サービス「食育マルシェ」
所在地 東京都中央区日本橋兜町
代表者プロフィール 1996年慶應義塾大学卒業後、アミューズメント業界に就職

その後、広告制作会社を経て、2015年株式会社VACAVO(ヴァカボ)を創業設立、現在に至る。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ VACAVO ヴァカボ ヘルスケア 健康経営 福利厚生 長岡康生 食育カンパニー 食育マルシェ
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「ONE SLASH ONE」が資金調達 次世代型マイクロジム「1/workout」のプロトタイプを公開
2022年5月9日、株式会社ONE SLASH ONEは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、次世代型マイクロジム「1/workout」のプロトタイプを公開したことも併せて発表しました。 「…
D2C特化のサブスクリプション型離乳食など展開の「MiL」が1.8億円調達
2020年1月15日、株式会社MiLは、総額約1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 D2Cに特化したサブスクリプション型離乳食「Mi+ミタス」や、ヘルスケア創作料理レストラン「倭…
株式会社With Midwife 岸畑 聖月|企業専属の助産師が働く人に寄り添いサポートする事業展開が注目の企業
企業専属の助産師が働く人に寄り添いサポートする事業展開で注目なのが、岸畑聖月さんが2019年11月に創業した株式会社With Midwifeです。 今、企業内で専属の助産師が活躍しているのをご存じでし…
アプリ完結型従量課金フィットネスクラブ「PocketFitness」運営の「NATURE FITNESS」が資金調達
2022年4月20日、株式会社NATURE FITNESSは、資金調達を実施したことを発表しました。 NATURE FITNESSは、アプリ完結型従量課金フィットネスクラブ「PocketFitness…
心疾患診断アシスト機能を搭載した「超聴診器」を開発する「AMI」が1億円調達
2022年3月1日、AMI株式会社は、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 心疾患診断アシスト機能付き遠隔医療対応聴診器「超聴診器」を開発しています。 心電・心音の同時計測と、独自のアルゴリ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ