東京発!400字のアイデアから始まるスタートアップコンテスト「TOKYO STARTUP GATEWAY2018」が応募開始

東京都が主催し、特定非営利活動法人エティックが企画運営を行うビジネスコンテスト「TOKYO STARTUP GATEWAY2018」の応募が、5月7日より開始しました。

「TOKYO STARTUP GATEWAY」とは、起業家の「卵」を生み出すため、東京都が平成26年度より開始したビジネスコンテストです。4年間で3,000名近いエントリーを集める国内最大級の規模になっています。

TOKYO STARTUP GATEWAY2018 概要

応募資格

・平成30年4月1日現在で15歳以上、40歳未満の方
・応募するビジネスプランで平成31年度中に都内で実際に起業する意思のある方
(都内で起業予定の方であれば、都外在住の方も応募できます)

表彰

・最優秀賞100万円(1名)
・優秀賞50万円(2名以内)
・その他オーディエンス賞など

募集期間

平成30年5月7日(月曜日)~7月1日(日曜日)

担当者のコメント

「TOKYO STARTUP GATEWAY 2018」を企画運営している特定非営利活動法人エティックの水上雅輝さんに、本イベントの概要や注目ポイントについて、お話を伺いました。

ー「TOKYO STARTUP GATEWAY2018」を開催することになった経緯を教えてください。

「TOKYO STARTUP GATEWAY(TSG)」は、東京都の成長戦略として2014年度より始められた、「世界に通用するイノベータ―」を東京から生み出すことを狙いとした、ビジネスプランコンテストです。

近年、多様な領域で産業構造が目まぐるしく変化しており、国を始めとした行政機関のみならず各企業においても、イノベーションを如何に生み出せるかが大きな課題となっております。幅広い分野で「世界」を変える可能性を秘めたアイデアを本事業を通じて広く応援することで、個人・組織・地域・資源の有機的に繋がりによる、多様な挑戦が生まれ続けるスタートアップの生態系構築をTSGは目指しています。

過去4回開催されたコンテスト部門では、約3000のエントリーから、確認できているだけでも60人以上の若者が、起業・事業化しております。

ー「TOKYO STARTUP GATEWAY2018」の注目ポイントはどこですか?

まず挙げられるのが、「法人登記前の個人の方々は400文字のアイデアからエントリー可能」という敷居の低さです。15歳~39歳の方でしたら、日本語400文字でアイデアを記していただけたらエントリー可能です。

次に、事業化へ向けた創業支援/資金メニューの提供ができる点です。最優秀者には100万円、優秀者には50万円の賞金を提供します。ファイナリストには、サポーター各社から支援メニューも提供されます。さらに、都内で法人設立時には活動資金100万円が提供されます。

また、単に優秀なプランを競うだけではなく、同士/先輩起業家/専門家の方々と共にビジョンを深めていく場が設けられております。TSGを通じた、縦と横での繋がりの構築も、例年参加者の皆様にご好評いただいております。

宇宙開発、エネルギー研究、ヘルスケア、キャリア支援、エンタメ/コンプレックス領域等、これまでに応募のあったアイデア領域は多岐にわたります。各々のプランに対応したメンター陣から直接アドバイスをいただける機会があるのも、本コンテストの魅力です。

ー起業家に向けてメッセージをお願いします!

TOKYO STARTUP GATEWAYにご関心を頂きまして、誠にありがとうございます。
本事業は、「コンテスト」という形式ではありますが、単に、優秀なプランを競い合うだけではなく、「ブラッシュアップ型・育成型」であることを最も大切にして運営しています。そのため、優秀なビジネスプラン、完成された事業計画などは、はじめは一切必要ありません。むしろ、まだカタチのない、みなさま一人ひとりの中で描かれている、「情熱的な想い・夢・空想」を、まずは思い切りぶつけていただけたらと思っています。

そしてこのコンテストのプロセスを通じて、この場に集まる仲間とともに、はじめの情熱を「世界を変える力」へと、共に思い切り磨いていけたら、私たちもなにより嬉しく思います。荒削りでも、未完成でも、みなさま一人ひとりの「情熱」・「尊い第一歩」を、私たちも全力でお迎え致します。

この夏、圧倒的にワクワクする未来、世界を共につくっていきましょう!

「TOKYO STARTUP GATEWAY2018」の詳細は、こちらからどうぞ!

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ イベント
関連タグ ビジコン

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

イベントのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
製造業向けインターネット・サービス提供の「アペルザ」が12億円調達
2019年7月31日、株式会社アペルザは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メーカー横断で製品情報を検索できる製造業向けカタログ・ポー…
(2019/8/6)
クラッソーネが施主と解体⼯事会社のマッチング・一括見積りサービス「くらそうね」β版を提供開始
解体工事・外構工事の3社一括見積もりサービスを運営する株式会社クラッソーネが、新サービス「くらそうね」β版を8月1日より愛知県限定で提供開始しました。 「く…
(2019/8/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)