【TechCrunch Tokyo 2017速報レポ】最新のFintech事情はどうなってる?


国内外のスタートアップ・重要企業が多数登壇する大型テックイベント「TechCrunch Tokyo 2017」。その初日が、11月16日に開催されました。今回は、急速に発展しているブロックチェーン・fintech業界に関わる企業3社のスピーチをご紹介します。

バンク 光本勇介氏


みなさんは「CASH」というサービスをご存知ですか?
「目の前のアイテムを瞬間的にキャッシュに変えられるアプリ」というもので、2017年6月に開始したサービスです。開始直後から想像以上の利用があり、わずか16時間で一時停止に至ったことでも知られています。

そんな話題のサービスを提供したのが、株式会社バンクの光本勇介氏。
バンクだけでなく、様々な企業を立ち上げたシリアルアントレプレナー(連続起業家)でもある光本氏が、「CASH」の現状やこれからのビジネスについてスピーチしました。

「6月に一時停止した「CASH」は、8月23日に再開しました。二次流通の分野は発展すると感じましたので、もっと活性化できればと思っています。実は、正直なところ、「CASH」のようなビジネスは他の企業でも真似できると思います。なので、今後考えている事業も含めて、今まで培ったデータやUI、その他思いつく限りのことに気を抜かずにやっていきたいですね」

Blockstream サムソン・モウ氏


Blockstreamという企業は、ビットコインのルールを構成する「Bitcoin Core」の主要開発者が所属しているスタートアップ企業です。
今回登壇したのは、CSO サムソン・モウ氏。ビットコイン・ブロックチェーンの変化の渦中にいながらも、明るい未来を信じ、積極的に活動しています。
そんなサムソン・モウ氏が語ってくれたのは、「ブロックチェーンのこれから」についてでした。

「ブロックチェーンは、金融・株式投資・海外との取引などで、従来のシステムより有効に利用することができます。言わば、Appleのようなパワフルなテクノロジーです。私たちはビットコインを取り巻く変化のなかにいますが、従来のシステムを再構築できるこの技術をうまく利用することによって、これからのビジネスに明るい未来が来ると信じています。」

TransferWise ターヴェット・ヒンリクス氏


最後にご紹介するのは、TransferWiseのターヴェット・ヒンリクス氏。

Skypeの第一号社員だったターヴェット氏ですが、起業の理由は「国際送金のシステムがあまりにもイケていないから」というもの。自身の経験から生まれた国際送金サービスは、今や59カ国、約100万人が使うサービスに成長し、Fintechユニコーンの仲間入りを果たしました。
そんなターヴェット氏ですが、SkypeやTransferWiseでの経験をもとに、成長する企業の共通点をこう語っていました。

「成長する企業の共通点は3つあります。1つ目は「本当に大きな問題を解決することができる」ということ。自分が問題に感じたものが、周りはどう見ているのかを調査する必要があります。2つ目は「現在世に出ている製品の10倍良いものを作る」ということ。全体的に、ではなく、自分たちが注力した一点だけでも良いです。3つ目は「なんでも迅速に行う」ということ。人はすぐに模倣します。その流れに飲み込まれないように、自分自身に投資をしてください」

Fintechは伝統を一変する可能性を秘めている

三者三様のスピーチでしたが、共通して感じたのは「伝統的な分野・解決できないと思われていた問題に、システムを利用できる可能性がある」ということでした。
ブロックチェーン・Fintechといった新たな技術は、ある意味、今あるシステムを再構築できる技術かもしれませんね。

カテゴリ イベント
関連タグ Fintech関連のニュース ビットコイン関連のニュース

イベントのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら