注目のスタートアップ

暗号資産の自動損益計算サービス「クリプタクト」やWeb3の家計簿「defitact」などを手がける「pafin」が資金調達

company

2023年9月12日、株式会社pafinは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、DG Daiwa Ventures、Sony Innovation Fund、MZ Web3 fundです。

暗号資産の自動損益計算サービス「クリプタクト」や、Web3の家計簿「defitact」など、FintechやWeb3関連の事業を展開しています。

「クリプタクト」は、暗号資産の自動損益計算や資産管理サービスにより、確定申告の作業をサポートするサービスです。

今回の資金は、「クリプタクト」拡大のため、マーケティングと採用の強化に充当します。


ブロックチェーン技術を駆使した仮想通貨は、その利点として、24時間365日の取引可能性、国際的な送金と決済の迅速さ、低コストな手数料などが挙げられます。これらのメリットから、将来的には次世代の決済手段として普及する可能性が高いと見られています。

一方、現在仮想通貨は価格の変動が大きく、決済手段としては使いにくいものとなっています。こうした特徴から投資家から注目されており、投機目的での運用が主流となっています。また、近年は分散投資の一環として取り入れる人も増加しています。

仮想通貨の売却益は雑所得として課税されるため、利益を得た都市は確定申告が求められます。

一方、仮想通貨取引を行う投資家の多くは、複数の取引所を利用して資産の移動や売買を行っています。このため、取引所が損益を自動的に計算して提供することが難しく、投資家自身が取引データを収集し、損益を計算しなければなりません。しかし、複数の取引をまとめて計算するのは非常に複雑で、時間がかかるという課題が存在しています。

pafinは、暗号資産の自動損益計算サービス「クリプタクト」やWeb3の家計簿「defitact」などを提供し、暗号資産取引の課題解決に貢献しています。

さらに、サービス提供範囲を拡大していき、Web3のインフラとなるプラットフォームを構築することを目指しています。

ビジネスのさらなる成長には戦略的な資金調達やシナジーが見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB defitact Fintech pafin Web3 クリプタクト フィンタクト 仮想通貨 大和証券 損益計算 暗号資産 株式会社 確定申告 自動 計算
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

便失禁・尿失禁の治療を目的とした細胞治療の研究開発を行う「イノバセル」が「HiJoJo Partners」などから5.5億円調達
2022年6月2日、イノバセル株式会社は、総額5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、HiJoJo Partners株式会社によって組成された「Innovacellファン…
法律専門書や資料を横断的に検索・閲覧できる「LEGAL LIBRARY」正式版がリリース
2019年12月9日、株式会社Legal Technologyは、「LEGAL LIBRARY(リーガルライブラリー)」の正式版をリリースしたことを発表しました。 「LEGAL LIBRARY」は、信…
こだわり生産者が集うオンライン直売所「食べチョク」運営の「ビビッドガーデン」が6億円調達
2020年8月5日、株式会社ビビッドガーデンは、総額6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 こだわり生産者が集うオンライン直売所「食べチョク」を運営しています。 こだわりを持つ生産者から、直接…
脳卒中後の重度運動障害向けリハビリの実現を目指す「LIFESCAPES」が7.2億円調達
2022年6月20日、株式会社LIFESCAPESは、総額7億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 LIFESCAPESは、BMI(ブレインマシンインターフェース)技術を活用した、脳…
AI契約書レビュー支援ソフト提供の「LegalForce」が10億円調達
2020年2月21日、株式会社LegalForceは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 自然言語処理を用いた、クラウド型の契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」を開…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】