注目のスタートアップ

株式会社Sene-G  真崎今日子|民間学童の事業展開が注目の企業

民間学童の事業展開で注目なのが、真崎今日子さんが2013年2月に創業した株式会社Sene-Gです。

2020年時点で夫婦共働き世帯数は1500万世帯以上あり(労働力調査基本集計2020年)、増加の一途をたどっています。
それと同時に子供の預け入れ施設の需要も高まっており、2021年の学童保育登録児童数は前年比3万7,267人増の134万8,275人となり過去最多を更新、待機児童数も若干減少しているとはいえ、依然1万3,416人と大きな数を推移しています(厚生労働省超べ)。

小学生以上ともなると、自分で考えて行動する機会も増え、他者との関わりの中から興味関心の幅が広がったり知らなかったことを知ったり、より深く学びたいという欲求が芽生えたり、学習に対する吸収力も高い大切な時期です。
放課後の時間をどのように過ごすかというのは、子どもの未来の可能性に影響するといっても過言ではありません。

そんな子どもたちの可能性を大きく広げる大事な時間帯をより充実させ、未来の可能性を大きく拓く学童保育の在り方に、今注目が集まっています。

株式会社Sene-Gの民間学童事業の特徴は、
児童をただ預かるだけでなく、様々な先端教育プログラムや芸事、学習の選択が出来るようになっている点です。
これにより、効率的な放課後時間の充実を実現し、各家庭におけるワークライフバランスのサポート、未来への人材育成にもつながっていきます。

株式会社Sene-Gの真崎今日子さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

民間学童の運営・企業主導型保育園の運営・AIデジタル教材の販売を行なっております。
中核となる民間学童9年目を迎え、2022年春時点で全国13箇所で運営しております。
児童をただ預かるだけでなく、必ず毎日宿題と塾用問題集を中心とした勉強をする時間があるというところが大きな特徴です。
必ず5人の生徒に一人のチューターがついているので、年間1000時間を超える放課後の時間が無駄になりません。
また、英語・算数といった必須科目をはじめ、書道・プログラミング・ディベート・ダンス・ミュージカル・科学教室などの多様な習い事を受けることができるため、
お子さんの様々な可能性を広げることができます。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

特に、仕事と教育面の充実した子育てを両立していきたい保護者様に使ってほしいと思います。
私自身、教育面含めた子育てと仕事の両立がとても大変だったため、そういった方の力になれればと考えております。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

待機学童の解消および共働き世帯のサポートと、次世代に羽ばたく子どもたちの健全な育成、グローバルに役立つ教育の提供です。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

理念を実現するための人材の確保が大変でした。人は得意不得意があるので、それを補完するには様々な得意分野を持つ人材に集まってもらう必要がありますが、はじめは上手に採用できなかったと思います。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

えすこーとがあって良かったという声をいただく度に、多くの人に喜んでいただきたいと思うようになりました。
出来るだけ多くの保護者様、子どもたちのために役に立ちたいので、良質な教育、イベントなど頑張って企画していきます。

・今の課題はなんですか?

ほぼ口コミによる拡大を続けておりますので、効果的でかつ全国的な広告宣伝が課題です。

会社名 株式会社Sene-G (セネジー)
代表者名 真崎今日子
創業年 2013年2月
従業員数 72名
事業内容 民間学童えすこーと・えすこーと保育園、教育関連コンサルティング、教育関連映像・書籍・アプリの提供(インターネット上での提供含む)
資本金 1000万円
所在地 東京都渋谷区渋谷1-2-12-3F
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Sene-G フランチャイズ 保育 子育て 学童 教育 真崎今日子
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

オンライン家庭教師サービス運営の「NoSchool」が資金調達
2020年4月20日、株式会社NoSchoolは、資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン家庭教師の「NoSchool」を運営しています。 小・中・高校生のための、オンライン指導に特化した1…
金融教育FinTechサービス「ABCash」展開の「ABCash Technologies」が12億円調達
2022年3月30日、株式会社ABCash Technologiesは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ABCash Technologiesは、個人向けのお金のパーソナルトレ…
保育施設向けICT・IoTサービス「ルクミー」展開の「ユニファ」が40億円調達
2021年6月2日、ユニファ株式会社は、総額40億円の資金調達を実施したことを発表しました。 保育施設向けICT・IoTサービス「ルクミー」シリーズを展開しています。 「ルクミー」シリーズは、ICT・…
老舗出版社の旺文社がコーポレートベンチャーキャピタルを設立
平成30年7月4日、株式会社旺文社は、旺文社ベンチャーズの活動を6月から本格的に始動したことを発表しました。 旺文社ベンチャーズは、旺文社のCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)です。 4月に設立…
企業・教育機関の「Google Workspace」を活用したDXを支援する「ストリートスマート」が資金調達
2021年4月6日、株式会社ストリートスマートは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、サテライト・オフィス・サービス「ZXY(ジザイ)」を展開する株式会社ザイマックスです。 ストリートス…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ