マーケティングのクラウドソーシング&紹介プラットフォーム「PRO-SHARE」β版が6月にリリース。平岡社長コメント

マーケティング担当者の育成支援を手がける株式会社テマヒマは、フリーランスの持つプロジェクトとプロのスキルをシェアするプラットフォーム「PRO-SHARE」のβ版を、2018年6月にリリースすることを発表しました。企業とフリーランスのミスマッチを無くし、双方の利益最大化を目指したプラットフォームです。

今回は、「PRO-SHARE」の開発元である、株式会社テマヒマ 代表取締役の平岡 大輔氏に本サービスの概要や今後の展望を伺いました。

良いパートナーと「直接」出会えるプラットフォーム

-まずは「PRO-SHARE」のサービスの概要を教えてください。

フリーランスが持つプロジェクトとプロのスキルをシェアするサービスです。

これによって、自分では対応できない案件をクライアントから依頼されたときに、対応できるスキルを持った人を探すことができます。
また、自分のスキルを登録しておくことで、新規の案件の紹介を受けることができます。

-なぜ「PRO-SHARE」の開発に着手したのですか?

マーケティング支援業界の不健全な状況を変えたいと思ったからです。

マーケティング支援業界が不健全なのは、パートナーが広告代理店一択になっていることが原因です。
広告代理店の機能としてプロモーションのトータルプロデュースがありますが、担当者の専門性の低さゆえ、クライアントにとって不適切な施策や誤った投資の仕方をさせているケースが多く存在します。

また、広告代理店に依頼していても、実際は下請けであるフリーランスの人が実働している状況は珍しくありません。
広告代理店の担当者が介在することにより、プロジェクトの遅延やコスト高、クオリティの低下が至る所で起こっています。

この業界の不健全な状況を改善するために、良いパートナーを探している企業と、自分のスキルを発揮したいフリーランスとを直接結びつけることが必要だと考えました。

-サービスのメリットは何でしょうか?

クライアント企業においては、必要なスキルと出会う機会を得られます。
特定分野のプロへ直接依頼することで、中抜きコストを圧縮したり、実務者と直接意思疎通することができ、クオリティも向上します。

フリーランスにおいては、案件を紹介することで紹介料をもらえる仕組みによって、不労所得を積み上げていくことができます。
クライアントに適切なパートナーを紹介したことで施策がうまくいけば、自身の担当業務において予算増加も期待できます。

また、自分の得意を活かせる新規の案件を他のフリーランスの人から紹介してもらえることもメリットです。

-料金はいくらですか?

無料です。
紹介によって発生した案件から、紹介者への手数料とプラットフォーム利用料を少しだけ徴収させていただきます。

あらゆる無駄をなくし、個人が活躍する世の中へ

-起業の経緯を教えてください。

広告代理店の人間として、webコンサルタントとして、クライアントと対峙してきた中で、不適切なパートナーに依頼しているために無駄なお金の使い方をしている企業をたくさん見てきました。
マーケティングの本質を理解してもらうことと、適切なパートナーを紹介することで、企業が変わるきっかけを提供し、経済の底上げをしたいと思い、起業に至りました。

-今後の夢、展望を教えてください。

個人が活躍する新しい働き方を創造していくことで、もっと活力のある世の中にしていきます。

カテゴリ 有望企業
関連タグ マッチング関連のニュース

有望企業のピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集