北海道でワーケーション争奪戦 富良野はポイント制も

新型コロナウイルスの感染拡大によってテレワークが一般化し、職場と家庭の間の垣根が低くなっています。北海道が募集する「北海道型ワーケーション普及・展開事業」に参加する市町村は39と、2019年度(16市町)の2.4倍に急増しました。首都圏などで急速に関心が高まるワーケーション需要の争奪戦が北海道でも活況を呈しています。

富良野市内の「新富良野プリンスホテル」や宿泊機能を備えた観光拠点「コンシェルジュフラノ」には、8月から続々とワーケーション目的のビジネスパーソンが訪れるようになりました。夫は宿泊先のホテルや市の提供スペースを利用しテレワークをこなす一方、「ほとんど昼間は別行動」という妻と子どもは宿泊先のホテル周辺を散策するなどのスタイルが好評です。

全国的な知名度を生かし富良野市は関係人口づくりや観光の新たなスタイルとしてワーケーションを主導しています。20年度の事業費400万円で本人の交通費、宿泊費を補助して受け入れ、実績づくりを急いでいます。会社経営者や宿泊施設の担当者が市民代表として参加する研究会を組織し、21年度以降に実施する制度の検討に入っています。ホテル、貸別荘、相部屋のドミトリーなど多様な宿泊施設を生かし、ポイント制の導入などでリピーターを増やす策を検討するなど、他の観光地との差別化戦略を練っており、一層の付加価値サービスが期待されます。

編集部のコメント

編集者
一般市民が寄与できる地域支援策の代表格であるふるさと納税は、税の負担と享受の一致の原則に反することから、公平性・継続性に対する疑義が投げかけられています。一方、本件のようなワーケーションやテレワーク化を前提とした地方移住は、市民・自治体・企業が公平な取引関係によって成立するモデルです。
コロナウイルスの感染拡大が気づかせてくれたITツール利用によるリモートワークがもたらす効能は、従業員だけでなく、企業経営や行政の連携の在り方にも問題を提起しているように思えます。人口の都市集中緩和の流れは今後一層定着すると予測する声が多数です。行政の取組の他、こうした流れ・変化に商機を見出すスタートアップ企業のチャレンジや新たなサービスモデルの登場が楽しみです。
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ スタートアップ テレワーク リモートワーク ワーケーション 北海道 地域 宿泊 富良野 新型コロナウイルス 経営者 自治体 観光

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ