注目のスタートアップ

株式会社LEBEN CAREER 大坂谷 勇輝 | 非認知能力の獲得を重視したパーソナルコーチングで注目の企業


非認知能力の獲得を重視したパーソナルコーチングで注目なのが大坂谷 勇輝さんが2021年に創業した株式会社LEBEN CAREERです。

人生100年時代の必須スキルともいえる「自らの力で目標を達成し、自らの力で課題を解決する」といった自らの力でキャリアや人生を築いていく力を最大化するサポートで、今注目を集めています。

株式会社LEBEN CAREERの大坂谷 勇輝さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

人生100年時代の必須スキルである「非認知能力(目標達成能力や課題解決能力など)」の獲得を重視したパーソナルコーチングを提供しています。

今後さらに、生き方や働き方が多様化しますが、一人ひとりに合う人生戦略を描けるからこそ 『自ら考え抜き、答えを出し、実行し、修正し、実現する』このサイクルを自律的に回すことで、これからの100年時代において持続可能な自己実現が出来るようになります。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

ゼロからイチに挑戦されるビジネスパーソンです。

ここでいうゼロイチは「独立や複業に挑戦したい」「キャリアチェンジを考えている」「掲げた目標やビジョンを達成したい」このような方々です。

ゼロイチ自体の支援ではありませんが、「挑戦したいこと」「目指したい状態」のある方のほうが非認知能力の獲得がスムーズですし、歩みの結果として望む成果が得られることも少なくないです。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

日本においては「新しい挑戦」や「新しい発想」に対して保守的な思想をもつ方が少なくないことです。

もちろん個人の思考、思想は自由です。しかし、他者の挑戦に干渉し始めると、一人ひとりの持続可能な自己実現を目指す上では足かせになります。

この社会課題をクリアにし、挑戦を後押しするのが当たり前の社会を目指します。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

2015年頃から個人でサービスを開始しましたが、当初は行きあたりばったりで、正直ビジネスとしては問題や欠陥だらけでした。

もちろん未だ課題は山積みですが、地道な活動を大切にすることで事業が形になってきましたし、サービスも認知されてきた実感もあります。

今後も一つ一つの仕事を丁寧に向き合っていきます。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

私が生きている間に達成できるかわかりませんが、すべての人が持続可能な自己実現が出来る社会にすることです。

そのために、当社の力だけで動くのではなく、我々が関わった個人や法人の一人ひとりのクライアント様にもご支援いただきたいと思っております。

・今の課題はなんですか?

コーチングという言葉は徐々に認知され始めていますが、何をするのか?どんな価値があるのか?など、まだまだ認知されていない印象があります。

このため、他のパーソナルコーチングサービスやコーチングスクールを運営している企業と連携をしながら認知度向上に努めます。

・読者にメッセージをお願いします。

すべての人々が働きがいと生きがいのあるライフスタイルを確立できる。

そして、持続可能な自己実現が出来る、そんな社会を目指しています!

会社名 株式会社LEBEN CAREER
(英記 LEBEN CAREER inc.)
代表者名 大坂谷 勇輝
創業年 2021年10月01日
住所 東京都渋谷区 神宮前六丁目23番4号 桑野ビル2階
資本金 1,000,000円
サービス名 LCPコーチング
事業内容 個人及び企業向けコーチング並びに人材開発プログラムの提供
回答者プロフィール 大坂谷 勇輝(オオサカヤ ユウキ)
2015年、人材開発事業「LEBEN CAREER」を創業。
法人設立後は株式会社LEBEN CAREERの代表取締役に就任。
同社では「コーチングを受けたい」「コーチングを学びたい」というクライアントに向け、パーソナルコーチングの提供及びコーチング習得のサポートを行う。
また、パーソナルコーチングサービス「REEED」を運営する株式会社MEXUSにおいては、CCO(人材開発責任者)を受託。
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ LCP LEBENCAREER キャリアコーチング コーチング コーチングスクール パーソナルコーチング 大坂谷勇輝
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

株式会社アクティブ・コーチング・システム 沖本能道|応対業務支援AI人工知能の事業展開が注目の企業
コールセンターにおける応対業務支援AI人工知能の事業展開で注目なのが、沖本能道さんが2018年8月に創業した株式会社アクティブ・コーチング・システムです。 eコマースやオンラインでの事業展開が日常的に…
eスポーツを活かした英会話教育「eスポーツ英会話」などを展開する「ゲシピ」が6,200万円調達
2022年4月15日、ゲシピ株式会社は、総額約6,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。今回の調達は、2021年6月にクローズしたものです。 ゲシピは、eスポーツを活かした英会話教育「eス…
コーチングサービス提供の「mento」(旧:ウゴク)が3.3億円調達
2022年4月6日、株式会社mentoは、3億3000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、米国シリコンバレーに拠点を置くベンチャーキャピタルWiL, LLCが運営するベンチャー投資…
AI英会話アプリやオンライン英語コーチング運営の「スピークバディ」が3億円調達
2020年8月20日、株式会社スピークバディは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 AI英会話アプリ「スピークバディ」や、オンライン英語コーチング「スパルタバディ」を開発・運営していま…
人を生かし育てるリーダーになるためのコーチング習得プログラム運営の「コーチェット」が1億円超調達
2021年1月29日、株式会社コーチェットは、総額1億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 人を生かし育てるリーダーになるためのコーチング習得プログラム「CoachEd」を運営しています。 3…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ