ベンチャー企業の強い味方「エンジェル税制」!担当者連絡会議が開催

経済産業省は6日、エンジェル税制の担当者連絡会議をSENQ霞が関にて開催しました。
各都道府県のエンジェル税制担当者等を集めて、創業間もない企業に投資する個人投資家を支援するエンジェル税制について、地域での利用促進、情報共有などによる交流が狙いです。

当日は、創業手帳編集部が本会議に潜入!その様子を取材しました。

エンジェル税制とは

エンジェル税制とは、「創業初期の会社に投資する個人に対する優遇税制」です。
施行されてから今年で20年となる税制で、今年からさらに使いやすくなるよう一部が変更されました。

詳しくはこちら→エンジェル税制のご案内

経済産業省 石井 芳明が語るエンジェル税制


最初は経済産業省の石井 芳明氏から、エンジェル投資の基本的な考え方を語っていただきました。

「エンジェル税制は、個人に対する優遇税制です。ですが、この制度を上手く利用することによって、ベンチャー企業の活性化と地方での雇用が生まれます。ぜひ、起業経験者などのエンジェル投資家になりえる方に、勧めてください」と、エンジェル税制の魅力を話されました。

投資家から見たエンジェル税制


続いて、元IBM相談役 北城 恪太郎 氏より、投資家から見たエンジェル税制について語っていただきました。

「エンジェル税制は投資家にとって、とてもお得な制度です。ですが、まだまだ知られていない制度です。本日は各地から来られているので、まずは地元の関係者にPRしましょう。」
「私が投資をするときは、まず社長を見ます。社長にどれだけ情熱があるか、が重要です。」と、エンジェル投資普及のメリットを投資家目線で語りました。

専門家から見たエンジェル税制


税理士:櫻井 洋 氏
「エンジェル税制を利用するときは、会社設立前に事前確認しましょう。設立後の場合は、一刻も早く確認しましょう」

株式会社ケップル:神先 孝裕 氏
「エンジェル税制の課題は「知らない」「知っているがわからない」「手続きが難しい」です。その課題を、私たちのツール「FUND BOARD」で解決していきたいと思います。」

トーマツベンチャーサポート株式会社 前田 亮斗 氏
「ベンチャー企業を知る・イベントを開催することで、エンジェル税制の理解が深まっていきます。地方豪族(地主などの有力者)がエンジェル投資家になり得ますので、探してみましょう」

エンジェル税制の普及がベンチャー企業の強い味方になります。
資金調達を考えている起業家の方は一度チェックしてみましょう。

カテゴリ イベント
関連タグ エンジェル関連のニュース

イベントのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら