6/3開催 東京「暁の会」200人集結。佐藤貴弘氏「新しい日本を作りたい」

「次世代のリーダーとして自分の力で若き志、集結!」という志を持ち、全国各地で講演を行っているビジネスパーソン集団「暁の会」。
今回は、イベント開催の見どころや今後のビジョンなどについて、暁の会メンバーである表参道司法書士事務所の佐藤貴弘氏にお話を伺いました。

ーどうしてこのイベントを開催したのですか?

名古屋で同世代の若者が、損得ではなく志をもとに集結し、自分の業から本気で社会に貢献しようと行動している事を知り、
日本の中心でもある東京でも、やりたいと思ったのがきっかけです。
そして、そのような志ある仲間と、多様な目的を持ったコミュニティーをつくりたかったからです。

ーこのイベントの見どころは?

各業界で活躍する起業家と士業が、現在抱える課題や取組を発信します。
そして、経済産業省ベンチャー担当を招き、ベンチャーが抱える課題についてパネルディスカッションを行います。
また、「日本のヘレンケラー」と呼ばれる朦ろう者の荒 美有記様を招き、朦ろう者と社会を繋ぐ活動をお話頂きます。

ー登壇者は、どのような方がいらっしゃいますか?

株式会社柴田工業 代表取締役CEO 柴田 薫 氏、ナオライ株式会社 代表取締役 三宅 紘一郎 氏、そして、表参道グループ 表参道相続専門税理士事務所 橘 慶太 氏が参加される予定です。

ーこれまで暁の会はどういう展開をしていますか?

今年は3月に上海、京都で開催し、6月に東京と開催しました。
10月には名古屋、12月には長野で開催予定で、来年は大阪や福岡でも開催していきたいという想いがあります。

ー今後の活動は?

全国各地で志の輪を拡げ、暁のコミュニティーを作り、多くの志をもった仲間と共に勉強会や企業視察会、社会貢献活動をしていきたいと思っております。

ー起業家へのメッセージをお願いします。

起業家の皆
さんは、一人一人起業にいたる「強い想い」や「ストーリー」をお持ちだと思います。
この暁は、業界の垣根を越えた交流から、志高い同世代のリーダー同士のコミュニティーを構築し互いに共感し共に行動できる仲間の集まりです。
是非、起業家の皆さんがお持ちのビジョンや想いを我々と共有し、志の輪を伝播し加速させましょう。

佐藤 貴弘プロフィール


昭和61年3月8日 
広島県広島市出身

15歳で単身 広島から上京
18歳で通信高校を卒業
フリーター生活を送る中、19歳の時に交通事故に遭遇(骨髄炎で全治1年)
入院中に、本を読もうと思ったところ漢字が読めない事実が発覚。
漢字ドリルから勉強を始める。
21歳のときに大学受験を決意
22歳で國學院大學法学部に入学。
26歳で同大学を卒業。
大学卒後、フリーターに戻る。
28歳で司法書士試験合格。
大手司法書士法人に勤務。
29歳で独立。表参道司法書士事務所を開業。
独立当初は4か月で売上4万円。8月には倒産危機を迎えるも、
開業2年目にして、司法書士4名 税理士2名 行政書士有資格者 1名
の総勢7名の表参道グループに成長。

カテゴリ イベント

イベントのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)