注目のスタートアップ

偏頭痛治療用アプリや頭痛AI診断などを開発する「ヘッジホッグ・メドテック」が5億円調達

company

2023年12月1日、株式会社ヘッジホッグ・メドテックは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。

ヘッジホッグ・メドテックは、片頭痛治療用アプリや、頭痛AI診断、緊張型頭痛治療用アプリ、PMS(月経前症候群)をターゲットとした治療用アプリを開発しています。

片頭痛治療用アプリは、行動・思考のパターンを認識し、改善のためのアドバイスを行うことで、症状の軽減を図る治療用アプリです。

頭痛AI診断は、慢性頭痛のタイプをAIで診断するサービスです。

片頭痛治療用アプリと頭痛AI診断は、現在探索的試験段階にあります。

今回の資金は、CXOやエンジニアなどの採用強化、医療機関と連携した臨床試験の推進に充当します。


近年、デジタル技術によって病気を治療するアプリである治療用アプリが世界的に注目されています。

治療用アプリは、デジタルセラピューティクス(Digital Therapeutics:DTx)とも呼ばれています。

米国では2010年にWellDoc社が糖尿病管理用アプリ「BlueStar」の承認を取得し、世界初のDTx製品が登場しました。

日本ではCureApp社が2020年8月に承認を取得したニコチン依存症治療用アプリが国内初の事例となります。

治療用アプリは、スマートフォンやタブレットにインストールされたアプリにより、患者に継続的に介入し、行動変容によって治療を行ったり、治療効果を向上させたり、患者の情報の取得・把握により医師の負担軽減を図ったりするものです。

したがって、主に患者の行動変容が治療につながる疾患が対象であり、現在は、うつ病、耳鳴り、パニック障害、アルコール依存症などの治療用アプリが承認され、実際の治療で利用されています。

片頭痛の治療では、薬物治療のほか、行動療法や理学療法などの非薬物治療の効果も期待されています。非薬物治療は、薬物療法以外を望む患者、妊娠または妊娠の可能性がある患者、薬の使用方による頭痛の既往がある患者などが選択します。

ヘッジホッグ・メドテックは、片頭痛治療用アプリの開発を通じ、より良い医療の実現を目指しています。

研究開発型のビジネスでは資金調達が非常に重要になってきます。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI AI診断 DTx MedTech PMS デジタルセラピューティクス 偏頭痛 医療 医療機器 慢性頭痛 月経前症候群 株式会社 治療用アプリ 資金調達 頭痛
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

月面探査車「YAOKI」を開発する「ダイモン」が1.4億円調達
2023年7月13日、株式会社ダイモンは、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ダイモンは、月面探査車「YAOKI」を開発しています。 超小型・超軽量の月面探査車です。今後、…
スニーカー・フリマ・サービス「スニーカーダンク」運営の「SODA」が25億円調達
2021年1月14日、株式会社SODAは、累計約25億円(シリーズA・約3億円、シリーズB・約22億円)の資金調達を実施したことを発表しました。 スニーカー・フリマ・サービス「スニーカーダンク」を運営…
電子契約サービス「Great Sign」やオンライン本人確認サービス「Great eKYC」を提供する「TREASURY」が5億円調達
2024年2月5日、株式会社TREASURYは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 TREASURYは、クラウド型電子契約サービス「Great Sign」やオンライン本人確認サービス「…
バックオフィス向けクラウドサービス「ジンジャー」提供の「jinjer」が資金調達
2022年6月23日、jinjer株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、2022年3月23日には、総額約51億円の資金調達を発表しています。 jinjerは、バックオフィス向けクラ…
メタバース型Go To Earnアプリ「Massive World」を開発する「Super Massive Global」と「ピアズ」が資本業務提携
2023年2月9日、株式会社ピアズは、Super Massive Global株式会社と、資本業務提携したことを発表しました。 Super Massive Globalは、現実世界の位置情報と連動した…

大久保の視点

Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】