注目のスタートアップ

工業メタバースプラットフォーム「FactVerse」を開発する「DataMesh」が資金調達

company

2024年6月14日、DataMesh株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

DataMeshは、デジタルツイン・XR・AI・IoTなどの技術を融合させ、先進的な工業メタバースプラットフォーム「FactVerse」を開発しています。

このプラットフォームは、企業にデジタル化管理のためのソリューションを提供し、生産プロセスの最適化、業務効率向上を支援します。

また、デジタルツインの中核基盤として、産業データと業務アプリケーション間のデータ連動とシェアリングを実現します。

今回の資金は、産業メタバースプラットフォームの研究開発と市場展開加速に充当します。


さまざまな業界・分野で人手不足が深刻な課題となっている中、業務効率化・生産性向上・自動化に取り組むことは企業の重要な課題のひとつとなっています。

とくに近年のテクノロジーの発展は著しく、業務効率化などを強力に進める革新的なソリューションも複数誕生しています。

新たなソリューションのひとつである「デジタルツイン」は、主に製造業や建設業などの工業分野で高い注目を集めています。

デジタルツインは、物理空間に実在しているものを仮想空間で再現したものです。物理空間にあるものを仮想世界に正確に再現することで、正確なシミュレーションを実現し、高い精度で未来を予測します。

たとえば工場では、設備に異常が発生した場合、ラインが停止し損失が発生してしまいます。そのための保守・点検が重要なのですが、デジタルツインを活用することで将来の故障などを予測する予知保全を実現することができます。

ほかにも、製品開発では試作が重要となりますが、デジタルツインによって試作プロセスを実行することで、試作期間を大幅に短縮し、コストを削減することが可能です。

近年のテクノロジーの発展は、業務に革新をもたらしています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらも参考にしてください。

また、設備投資には資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI BtoB DataMesh FactVerse IoT XR ソリューション デジタルツイン デジタル化 プラットフォーム メタバース ものづくり 工業 株式会社 製造業 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

マイクロサージャリー支援ロボットを開発する「F.MED」が4.3億円調達
2024年7月8日、F.MED株式会社は、総額4億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 F.MEDは、マイクロサージャリー支援ロボットを開発しています。 リニアモーターを活用して駆動…
子育て地図アプリを開発する「iiba」が資金調達
2023年1月23日、株式会社iibaは、資金調達を実施したことを発表しました。 iibaは、子育てにいい場所を地図上で発見・共有できる地図アプリ「iiba」を開発しています。 遊び場・飲食店・授乳室…
「スマート家族信託」を展開する「トリニティ・テクノロジー」が「SBI証券」と業務提携
2022年8月29日、トリニティ・テクノロジー株式会社は、株式会社SBI証券と、信託・相続領域における業務提携契約を締結したことを発表しました。 トリニティ・テクノロジーは、家族信託の財産管理サービス…
セキュリティ診断サービスやWebエンジニア向けセキュリティ学習プラットフォーム「KENRO」提供の「Flatt Security」が2億円調達
2021年10月18日、株式会社Flatt Securityは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 システムに情報漏洩やデータの改竄につながるような脆弱性がないかを調査する「セキュリ…
レズビアン・セクシュアルマイノリティが出会える共感型マッチングアプリ「PIAMY」を開発・運営する「アルトレオス」が資金調達
2024年2月7日、株式会社アルトレオスは、資金調達を実施したことを発表しました。 アルトレオスは、レズビアン・セクシュアルマイノリティが出会える共感型マッチングアプリ「PIAMY」を開発・運営してい…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】