注目のスタートアップ

特別な体験型コンテンツに出会える予約サイト「Otonami」とインバウンド向け予約サービス「Wabunka」を展開する「J-CAT」が資金調達

company

2024年6月13日、J-CAT株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

J-CATは、特別な体験型コンテンツに出会える予約サイト「Otonami(おとなみ)」と、インバウンド向け予約サービス「Wabunka(わぶんか)」を運営しています。

「Otonami」は、特別な感動体験に出会える国内富裕層向けの予約サイトです。

それぞれのプランで取材を行った上で紹介ページを作成し、コンシェルジュによるきめ細やかなサポートを提供しています。

今後、ハイエンド体験予約サイトという枠組みを拡げ、日本の魅力を発信する飲食店・宿泊施設の予約、パッケージツアーの提供などを行っていく計画です。

今回の資金は、人材採用などに充当します。


プロダクトやサービスの成熟に伴い、消費者のニーズがモノ消費からコト消費へと移行しているといわれています。

代表的なコト消費の例として、旅行や観光、ライブエンターテインメントイベント、テーマパークのアトラクション施設などが挙げられます。

国土交通省観光庁の「旅行・観光産業の経済効果に関する調査研究」によれば、コロナ前の国内旅行消費額は過去10年間で約20兆円前後で推移しており、2019年の市場規模は約21.9兆円でした。

このように旅行消費額が横ばいである一方で、1人1回あたりの旅行単価は増加傾向にあり、2019年の宿泊旅行の単価は約5.5万円/人でした。この単価の増加は、消費者がより高品質な旅行を求めていることを示しています。

また、訪日観光客においても1人あたり消費額も増加傾向にあり、訪日観光客向けの高単価コンテンツのニーズが今後さらに高まることが予測されます。

こうした状況下で、J-CATはハイクラスな体験型コンテンツの予約サイト・サービスを国内外の消費者向けに展開しています。

企業の成長には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Otonami Wabunka インバウンド コンテンツ サービス 予約 予約サイト 体験 体験型 富裕層 株式会社 観光 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AIで学習を個別最適化する「atama+」提供の「atama plus」が51億円調達
2021年7月21日、atama plus株式会社は、約51億円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIで学習を個別最適化する「atama+(アタマプラス)」を全国の塾・予備校に提供しています。…
動画解析を活用した手術支援AI開発の「iMed Technologies」が1.7億円調達
2020年10月1日、株式会社iMed Technologiesは、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 脳梗塞・くも膜下出血に対する脳血管内手術の安全な手術を実現するため、…
プラスチックのリサイクルを中心とした環境事業を展開する「esa」が1億円調達
2024年2月26日、株式会社esaは、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、みやこキャピタル株式会社が運営するファンドです。 esaは、複合プラスチック素材を再利用可能なペレット…
吸水ショーツなどを展開するフェムテックブランド「Nagi」運営の「BLAST」が1.5億円調達
2022年2月9日、株式会社BLASTは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 吸水ショーツなどを展開するフェムテックブランド「Nagi(ナギ)」を運営しています。 吸水・防…
【11/6開催】特別講演会「外国人を自社顧客にする方法について」
東京商工会議所は、特別講演会「外国人を自社顧客にする方法について」の開催を発表しました。 「新型コロナが5類に移行した後、訪日外国人(インバウンド)の数は回復傾向が続いています。ただ、外国人とどう関わ…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】