注目のスタートアップ

コスメEC「NOIN」運営の「ノイン」が8億円調達

2019年7月8日、ノイン株式会社は、総額約8億円の資金調達を実施したことを発表しました。

化粧品ECプラットフォーム「NOIN」を運営しています。

メイクアップ術や、メイクの悩みを解決するオリジナル動画や、記事などにより、自分にあった化粧品をアプリ内で見つけることができます。

今回の資金は、人材採用・育成、「NOIN」のブランディング・認知拡大を目的としたプロモーションの強化に充当されます。

今後は、連携する化粧品メーカー各社への購買データ展開、CRMツールの解放なども行う予定です。

ノイン株式会社 代表のコメント

今回のニュースにつきまして、ノイン株式会社代表の渡部 賢氏よりコメントが届きました!

渡部 賢
Naver Japan (現LINE)にてディレクション業務を行った後、グリーにてスマホ版GREE NEWSを立ち上げ、同サービスを数百万MAUに成長させる。その後、サービス開発のマネジメント、新規事業の企画/開発/提携業務/子会社の立ち上げを経験。2015年よりフリーランスのプロデューサーとして、Gunosyやセブン&アイ出版など数社の新規サービスの立ち上げや運用などを行う。2016年11月に個人事業を法人化させたノイン(株)を設立。
ーこの事業を始めた経緯について教えてください

渡部:事業領域選定の際は「人が笑顔になるもの」という軸で探していました。そう考えたときにお化粧の領域は化粧を始めたときから死ぬまでずっと続けるもので「美しくなる」というタイミングで笑顔が作れることに気づきました。

コスメに関するメディアも考えたのですが、これまでずっとメディア運営をやってきたこともあり、メディアから一歩踏み込んで販売というところに挑戦してみたいという気持ちが湧いてきたことがきっかけです。女性向けのメディアはいっぱい立ち上がっていますが、コスメECとなると急に少なくなります。ECにメーカー、ブランドが乗り出し始めたこのタイミングが進出するのにはベストなタイミングだと判断し事業を開始しました。

ー今回の資金調達について、どのような反響がありましたか?

渡部:資金調達の意図はプロモーションに加えてメーカー様へお戻しするデータ整備のプラットフォームの構築です。意外だった反響としてはメーカー様から当社での販売を希望する問い合わせが増加しています。販売データを提供するというスタンスが非常に珍しいと喜んで頂いています。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください

渡部:まずは現状のECプラットフォームを早期に日本No.1のプラットフォームとしていきたいです。次の展開としては我々でもメーカー様やブランド様と一緒にコスメを作るということにも挑戦したいと思っています。

また、現状のプロダクトだと若者にかなり寄っています。一方でお化粧をする方というのは全年齢に広がります。新しいプロダクトを作る、販売チャネルを変えるなどの必要はあると思いますが、年齢層をもう少しあげてユーザー層を広げていくことは考えています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EC ブランディング プロモーション 人材採用 動画 株式会社 認知 調達 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

シニア向けコミュニティ「趣味人倶楽部」運営の「オースタンス」が資金調達
2019年12月20日、株式会社オースタンスは、資金調達を実施したことを発表しました。 日本最大級のシニア向けコミュニティ・サービス「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」を運営しています。 匿名性のコミ…
「スタディメーター」が高校生と企業をつなぐ共創型オンラインプロジェクト「ジブン高校未来部」をリリース
2021年11月22日、スタディメーター株式会社は、新サービス「ジブン高校未来部」を2021年11月22日にリリースしたことを発表しました。 「ジブン高校未来部」は、協賛企業(応援パートナー)が取り組…
小売業界向けデータ活用ソリューション提供の「Flow Solutions」が1.5億円調達
2019年9月26日、株式会社Flow Solutionsは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 小売向けのストア・コミュニケーション・プラットフォーム「InSight」を…
オンラインM&Aマッチングプラットフォーム運営の「M&Aクラウド」が10億円調達
2021年10月27日、株式会社M&Aクラウドは、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンラインM&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」を運営しています。 オンラインで買…
アニメなどのアートワークのデジタル所有権を提供する「Anique」が資金調達
2019年12月19日、Anique株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 アニメ・マンガ・ゲームなどのアートワークのデジタル所有権を、ブロックチェーンなどのテクノロジーで管理・提供する「…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ