注目のスタートアップ

農産物の生産から販売まで一気通貫で展開する「日本農業」が42億円調達

company

2024年5月30日、株式会社日本農業は、総額約42億円の資金調達を実施したことを発表しました。

日本農業は、生産から販売までを一気通貫で担い、産業の構造転換を目指しています。

2016年の設立から、国産リンゴのアジア圏(タイ・香港・台湾など)への輸出を手がけ、青森県でのリンゴ生産や、ニーズや基準の異なる国内外への出荷に対応するための選果・梱包機能を持ち、川上から・川下まで展開しています。

青森での高密植栽培を採用したリンゴの生産、選果・梱包、アジアへの輸出、全国販売の経験を活かし、他品目・他産地への展開に取り組んでいます。

現在、サツマイモ(静岡県)、ブドウ(栃木県)、キウイ(香川県・群馬県)、イチゴ(山梨県)、ナシ(茨城県)、モモ(茨城県)を手がけています。

今回の資金調達により、輸出拡大を目的としたさらなるバリューチェーンの最適化に向けた設備投資、リンゴで培った大規模な輸出産地形成の知見を活かした他品目・他産地への展開、幅広い人材採用、組織力強化を進めます。


農林水産省「2023年の農林水産物・食品の輸出実績」によれば、2023年の農林水産物・食品の輸出額は、過去最高の1兆4,547億円となりました。

さらに、輸出額は年々増加傾向にあります。2012年の農林水産物・食品の輸出額は4,497億円だったため、10年程度で3倍以上に成長していることになります。

日本は少子高齢化によって総人口が減っていき、市場が縮小することが見込まれています。

とくに食品需要は人口と比例することから、農林水産物・食品業界の安定的な成長のためには、海外市場の開拓が重要です。

一方で、日本の輸出は依然として少数の国に偏っていることが課題となっています。また、新たな海外市場への展開には、各国の規制に対応する複雑な作業が必要であり、産地単独では対応が難しいという課題もあります。

こうした状況下で、日本農業は、生産から輸出・販売までを一貫して手がける垂直統合モデルを構築し、新たなバリューチェーン創出に取り組んでいます。

企業・事業の成長には戦略的な資金調達やシナジーのある企業などとの提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

創また、「ブルーベリー農園経営ガイド」の無料配布中です。!このガイドでは、ブルーベリー農園の設立と運営に必要な情報を網羅的に解説しています。栽培技術から市場分析、収益化のアプローチなどを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ アジア アジア圏 りんご 一気通貫 日本農業 果樹優良苗木・花粉安定確保対策事業 株式会社 海外展開 生産 生産物 販売 資金調達 輸出 農作物 農産物 青果物
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

フリーランス不動産エージェントファーム「TERASS Agent」など提供の「TERASS」が2.2億円調達
2021年3月9日、株式会社TERASSは、総額2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 フリーランス不動産エージェントファーム「TERASS Agent(テラスエージェント)」と、…
家具・インテリア・家電サブスクリプション・サービス運営の「クラス」が2億円調達
2019年12月18日、株式会社クラスは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 家具・インテリア・家電のサブスクリプション・サービス「CLAS(クラス)」を運営しています。 月額400…
【8/21-22】第17回「アグリフードEXPO東京2024」
第17回「アグリフードEXPO東京2024」のご案内です。 地域性豊かな国産農林水産物・食品の国内外への販路拡大を応援する商談会です。 概要 イベント名:第17回「アグリフードEXPO東京2024」 …
届けたい情報を必要とする人のもとに届けるための自動化プラットフォーム「Ecomedia」開発の「Scalably」が資金調達
2022年3月2日、Scalably株式会社は、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 誰かが発信するエコシステム情報を、届けたい人々に伝え続けるための自動化プラットフォーム「Ec…
電子チケット販売サービス「TIGET」などを展開する「grabss」が3億円調達
2023年4月18日、株式会社grabssは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 grabssは、電子チケット販売サービス「TIGET(チゲット)」や、インターネット無料通話サービス…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】