「女性活躍推進等スタートアップ支援ファンド」運営事業者募集

subsidy

東京都は、令和6年度新規事業「女性活躍推進等スタートアップ支援ファンド」の運営事業者の募集について発表しました。

東京都は、社会的な女性活躍の推進等に資するサービス・商品を持つスタートアップの成長を支援するほか、創業期における資金調達面でのジェンダーギャップ解消に向け、女性起業家等がその属性に左右されずに事業の成長機会を確保できるよう後押しするため、ファンドを活用した新たな支援を開始します。

女性活躍の推進等に資するサービス・商品を持つスタートアップや女性起業家等が経営するスタートアップに対する投資支援・ハンズオン支援を行うベンチャーキャピタルファンドを設立し、運営を行う事業者(無限責任組合員)を募集します。

支援の仕組み

都の出資により設立するベンチャーキャピタルファンドが、民間から集めた資金も合わせてスタートアップを支援。

主な支援対象

女性活躍の推進等に資するサービス・商品を持つスタートアップ企業、女性起業家等が経営するスタートアップ企業。

支援内容

上記スタートアップ企業への出資による資金調達支援、出資先企業へのハンズオン支援及び出資先企業の女性活躍の推進等に関する取組のサポート。

募集概要

募集対象

自らが無限責任組合員となり、「女性活躍の推進等に向けたスタートアップ支援ファンド無限責任組合員募集要項」に定める要件を満たすファンドを設立、運営する事業者。

募集期間

2024年5月15日(水曜日)から5月31日(金曜日)15:00

提案内容の審査

以下プロセスを経た上で、令和6年12月頃を目途に無限責任組合員を決定します。
(1)一次審査
集要項に定める必要書類に基づき、書面による審査を行います。
(2)二次審査
一次審査通過者に対して、審査委員会でのプレゼンテーション審査を行います。


起業は経済のダイナミズムを活性化させ、経済成長を牽引し、雇用を創出し、社会に多様性をもたらすなど、多岐にわたる重要な役割を果たしています。しかし、日本の起業率は欧米と比べて低く、その向上が求められています。

2022年度の新規開業実態調査によると、女性起業者の割合が過去最高を記録しています。女性起業家の増加は、単なる起業率の向上にとどまらず、社会の多様性確保や、女性視点による社会課題の解決、イノベーションの推進など、さまざまな側面で重要とされています。

女性起業家が増加している背景には、女性の社会進出、新しい働き方の促進、キャリア形成志向の高まりなどが挙げられます。しかし、日本は他国に比べてジェンダーギャップが大きく、とくに「政治」や「経済」の分野で低い位置にあります。

たとえば、経済分野では、女性の労働力人口が総数の44.9%(2022年)を占めていますが、非正規雇用で働く女性は男性の約2倍となっており、管理職における女性の比率も依然として低いままです。

起業に関しては、前職の経験を活かして独立するケースが多いのですが、女性起業家は前述のように非正規雇用で働く割合が高いことから、キャリアを活かすことが難しい状況にあります。さらに、女性起業家の絶対数が少ないため、周囲に頼れる人が少なく、公的機関でもノウハウが不足しているという課題があります。

したがって、さらに女性起業家を増加させ、その成長を後押しするには、さまざまな角度からの支援や制度の整備・拡充が必要です。

こうした背景のもと、東京都は女性起業家が経営するスタートアップに対して投資やハンズオン支援を行うファンドを立ち上げる事業を今年度から開始します。

創業手帳では起業を目指す方などを対象に無料で専門家の紹介を行っています。起業にあたって不安や相談したいことなどがある起業家の方はぜひご活用ください。

また、起業家や専門家の生の声をもとに記事化した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」や、資金調達に特化した「資金調達手帳」も無料で発行しております。ぜひご活用ください。

さらに、女性起業家に特化した「創業手帳woman」もあります。女性起業家の方々のインタビューや、女性起業家だからこそ使える助成金など、役立つノウハウを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ VC スタートアップ ファンド 女性活躍推進 女性活躍推進等スタートアップ支援ファンド 女性起業家 東京都
詳細はこちら

令和6年度新規事業 女性活躍推進等スタートアップ支援ファンドの運営事業者を募集

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

【東京都】「観光資源の保全等のための支援事業」補助金
東京都は「観光資源の保全等のための支援事業」について発表しました。 観光関連事業者を対象に、東京の魅力発信に資する観光資源の維持・保全に係る取り組みや、民間資金を募るクラウドファンディングによる資金調…
【東京都】「商品開発プロジェクト」伝統工芸品事業者の新商品開発を支援
「商品開発プロジェクト」のご案内です。 公益財団法人東京都中小企業振興公社が実施している支援事業です。 伝統工芸品事業者による現代のライフスタイルに合った新商品開発の取り組みを支援します。 支援の内容…
株式会社nanoni 張聖|企業の女性活躍を推進するフェムテック事業を運営する注目の企業
企業の女性活躍を推進するクラウドサービス「carefull」事業。それを運営するのが、張聖さんが2020年5月に創業した株式会社nanoniです。 2015年8月に女性活躍推進法が制定され、女性が活躍…
グローバルイノベーター創出プログラム「Beyond JAPAN Zero to X」
日本貿易振興機構(ジェトロ)は、「Beyond JAPAN Zero to X」について発表しました。 「Beyond JAPAN Zero to X」は、次世代のイノベーションの担い手となる起業家・…
【東京都】「製品改良/規格適合・認証取得支援事業」補助金
2023年8月20日、公益財団法人東京都中小企業振興公社は、「製品改良/規格適合・認証取得支援事業」の公募について発表しました。 国内外の新たな販路開拓を目指す都内中小企業者等の経営力を強化し、東京の…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】