注目のスタートアップ

アート×テクノロジーにより新たな体験価値を創造するアートブランド「GASHO2.0」を展開する「Raptors」が資金調達

company

2024年4月12日、株式会社Raptorsは、資金調達を実施したことを発表しました。

Raptorsは、アート×テクノロジーにより新たな体験価値を創造するアートブランド「GASHO2.0」や、イベントプロデュース事業などを展開しています。

「GASHO2.0」は、アートとテクノロジーをかけ合わせ、アートの新たな鑑賞体験を創造するブランドです。

デジタルコンテンツをもとにメタル製の高品質な2.5次元フィジカルアートを制作する「MCA(Metal Canvas Art)」などを展開しています。

現在、アーティスト支援を目的としたコミュニティ運営、Web3領域とのコラボレーション、世界各地での展覧会の開催を行っています。

今回の資金調達により、コラボレーション先企業・クリエイターの拡大、独自のアート製造技術・ノウハウ・アート体験設計の研究開発、「GASHO2.0」の広告・PR活動強化などを行います。


ブロックチェーン技術を活用したNFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)は、これまでデジタルデータが抱えていた課題を解決するものとして高い注目を集めています。

テキスト・画像・動画・音楽などのデジタルデータは、複製が容易であり、簡単に違法に流通してしまうという課題を抱えています。

そのためコンテンツ事業者などは、データに不正な流通を防ぐためのプロテクトを施したり、専門のプラットフォーム上を運営し、そこでデジタルデータの利用の権利をユーザーに販売するといった形をとっています。

しかしどちらにせよこの海賊版対策はコストがかかるものです。また、不正な流通を完全に防ぐことができるものではありません。

このようなデジタルデータの特性から、個人のクリエイター(イラストレーターなど)は、自身のデジタル作品をそのまま販売するということに課題を抱えています。

しかしNFTは、デジタルデータの真正性や所有権を確認するための証明書のようなものを記録することで、デジタルデータにモノとしての価値を担保し、上記のようなデジタルデータの流通の課題を解決します。

このNFTを利用したNFTアートは、市場として成長しており、さまざまなデジタルアートが取引されるようになっています。

一方、このNFTアートは、現実の絵画などと異なり、自身の部屋で飾ったりすることができません。使い道としてはSNSのアイコンに利用したりなど、インターネット上での限られた用途しかなく、さらなる利用先の拡大が重要なテーマとなっています。

Raptorsはこのような背景のもと、アートブランド「GASHO2.0」を手がけ、デジタルコンテンツをもととしたフィジカルアート制作などを通じ、アート×テクノロジーにより新たなアートの体験を創造しています。

事業の拡大には戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB GASHO2.0 MCA NFT Raptors Web3 アーティスト アート クリエイター コミュニティ運営 コラボレーション テクノロジー デジタルコンテンツ ブランド 体験価値 制作 展覧会 支援 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「CAMPFIRE」と「GO」が業務提携し個人向け広告サービス「AD FOR ALL」をリリース
2020年3月4日、株式会社CAMPFIREは、株式会社GOと連携し、「AD FOR ALL」の提供を開始したことを発表しました。 「AD FOR ALL」は、個人が自由に広告を活用できるサービスです…
社会保険労務士向けSaaS運営の「KiteRa」が3億円調達
2021年4月19日、株式会社KiteRaは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 社会保険労務士向けSaaS「KiteRa(キテラ)-Pro-」を運営しています。 就業規則など社内規定…
「太陽グループ」が小型ロケット専用の打ち上げサービスを展開する「スペースワン」に出資
2022年6月30日、太陽工業株式会社とTSP太陽株式会社は共同で、スペースワン株式会社に出資したことを発表しました。 スペースワンは、2018年に、キヤノン電子、IHIエアロスペース、清水建設、日本…
AI投資ロボアドバイザー「FOLIO ROBO PRO」などを展開する「FOLIO」が45億円調達
2023年1月6日、株式会社FOLIOは、持株会社である株式会社FOLIOホールディングスが、45億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、SBIホールディングス株式会社の中間持株会社で…
イラスト・3DCGクラウドソーシングの「フーモア」が2.6億円調達!
株式会社フーモアは、総額約2億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 フーモアは、クラウドソーシングによるイラストやマンガ、3DCGなどのコンテンツ制作事業を展開しています。 今回の資…

大久保の視点

ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】