注目のスタートアップ

アクションスポーツ・ストリートカルチャー専門メディア「FINEPLAY」運営の「ZETA」が資金調達

company

2022年6月30日、株式会社ZETAは、総額数千万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、オリコン株式会社などです。

ZETAは、アクションスポーツ・ストリートカルチャー専門メディア「FINEPLAY」を運営しています。

スケートボード、スノーボード、サーフィン、ダンス、クライミングなど、ストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を発信しています。

才能のあるアスリートを紹介し、プロ・アマ・パラアスリート問わず、自らの活動・存在をアピールできる場所をつくることを目的としています。

2022年7月現在、映像コンテンツやニュース記事を21の提携メディアにも配信しています。今後多言語化も予定しています。

2022年6月4日と5日に開催された日本最大級のアーバンスポーツイベント「YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022」の企画制作にも関わっています。

新型コロナウイルス感染症の影響により1年の延期を経て2021年に開催された東京オリンピックでは、空手、野球・ソフトボール、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンの5競技が新たに追加され、多くの人の興奮を呼びました。

この新競技のうち、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンはアクションスポーツやアーバンスポーツというジャンルに属するスポーツです。

アクションスポーツは別名エクストリームスポーツとも呼ばれ、過激な離れ業を特徴としています。

比較的新しいスポーツが多く、音楽・ファッションなどカルチャーの一部としてマーケティング展開され、若者を中心にプレイ人口が広がっています。

また、スケートボードなどは街中で楽しめることから、小学生などが遊びの一種として楽しんでいることもあります。

1995年からは、アクションスポーツの国際的な競技大会である「X Games」が開催されるなど、アクションスポーツに競技として挑戦する人びとも増え、スポーツとして広がりを見せています。

プロダクトの販売のためにはPRやマーケティングが重要です。とくにSNSマーケティングやファンマーケティングはリアルな顧客な声を聞けることが大きなメリットです。「冊子版創業手帳」では、創業期でも行えるネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ FINEPLAY ZETA アーバン・スポーツ アクション カルチャー ストリート スポーツ メディア 専門メディア 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

太陽光発電システムの第三者所有サービス「シェアでんき」提供の「シェアリングエネルギー」が資金調達
2020年10月29日、株式会社シェアリングエネルギーは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ENEOS株式会社です。 シェアリングエネルギーは、個人向けの太陽光発電システムの第三者所有…
NFTマーケットプレイス「Yebima」が2022年春リリース
2022年2月10日、株式会社スタッフライフは、「Yebima(ヱビマ)」を2022年春にリリース予定であることを発表しました。 「Yebima」は、仕組みが理解可能で、安心して売買できるUI/UXの…
データ・シェアリング・プラットフォーム 「DP2」など運営の「アイディオット」が資金調達
2020年8月26日、株式会社アイディオットは、資金調達を実施したことを発表しました。 データを軸としAIやソフトなど以下のようなプロダクト開発を行っています。 ・データ・シェアリング・プラットフォー…
新型コロナ関連検査キットやピロリ菌検査キットなどを展開する「ICheck」が資金調達
2022年4月8日、ICheck株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 新型コロナ関連検査キットや、ピロリ菌検査キット(2022年4月5日販売開始)、糖尿病リスク検査キット(2022年春リ…
アート専門Webメディアなど運営の「KAMADO」が資金調達
2021年5月31日、株式会社KAMADOは、資金調達を実施したことを発表しました。 アート専門のWebマガジン「KAMADO」や、アート作品・プレゼントがもらえるかもしれない抽選サービス「KUJI」…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ