注目のスタートアップ

クラウドセキュリティプラットフォームを提供する「Cloudbase」が1億円調達

company

2024年3月28日、Cloudbase株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

これによりシリーズAラウンドの調達総額は12.5億円、累計調達額は13.9億円となりました。

Cloudbaseは、クラウドセキュリティプラットフォーム「Cloudbase」を提供しています。

パブリッククラウドを利用する際に発生する設定ミスや、サーバーやコンテナの脆弱性など、さまざまなクラウド上のリスクを統合的に可視化し、対策項目の優先順位付け、実施・管理までを一貫して行うセキュリティプラットフォームです。

今回の資金調達により、人材採用、技術・組織開発への投資を積極的に実施します。


パブリッククラウドは、ITシステムに必要なインフラをクラウド環境として提供するサービスです。

Webサービスやアプリを運営するためにはサーバーが必要ですが、パブリッククラウドはそのためのサーバーとして利用されるほか、企業のデータベースや、ストレージ、開発環境のクラウド化など、さまざまな目的で利用されています。

パブリッククラウドは、導入コストが低く、柔軟に利用しやすいという利便性があります。また、保守管理を自社で行う必要がなく、スピーディに利用を開始できるため、デジタル時代において重要なITインフラとして広く普及しています。

このようにパブリッククラウドが普及する中、クラウド環境におけるリスク対応するためのクラウドセキュリティの重要性が高まっています。とくにパブリッククラウドで発生する重大なインシデントの原因は、ユーザー側の設定ミスであることが多いため、この点への対処が課題となっています。

パブリッククラウドはユーザー側の設定箇所が多く複雑であるため、設定ミスを完全になくしたり、そのミスに気づくことが難しいという特徴があります。

こうした背景のもと、Cloudbaseは企業の安全なクラウド運用を実現するためのクラウドセキュリティプラットフォーム「Cloudbase」を提供しています。

適切なセキュリティの構築ができず顧客や社会に損害を与えてしまうと大きな損失となるため、セキュリティ対策はコストと捉えるのではなく、事業活動・成長に必須のものと位置づけ、投資と捉えることが重要だと経済産業省は示しています。「冊子版創業手帳」では、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期に実施できるセキュリティ対策について詳しく伺っています。

また、セキュリティ対策を行うためには資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB Cloudbase クラウド クラウドセキュリティ セキュリティ セキュリティ対策 パブリッククラウド プラットフォーム リスク 可視化 対策 株式会社 脆弱性 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ゲームのための家具を開発・販売する「Willow」が資金調達
2020年12月25日、Willow株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ゲーミング家具を開発・販売しています。 2020年12月現在、ゲームのためのデスク「ARCdesk(アークデスク…
ITエンジニア向け見積もり作成効率化SaaS提供の「Engineerforce」が3,500万円調達
2021年10月20日、株式会社Engineerforceは、総額3,5000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ITエンジニアの見積もり作成を効率化するSaaS「Engineerforce…
ペットクリニックの口コミ・検索サービス「Pocket Pet」を運営する「ポケットペット」が資金調達
2022年12月1日、ポケットペット株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ポケットペットは、ペットクリニックに特化した口コミ・検索サービス「Pocket Pet」や、ペットクリニック向け…
在庫分析クラウドシステム「FULL KAITEN」提供の「フルカイテン」が2億円調達
2022年1月6日、フルカイテン株式会社は、2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 在庫分析クラウドシステム「FULL KAITEN」を開発・提供しています。 日々更新される販売データ・在庫デ…
施設向けAI警備システムを提供する「アジラ」が5億円調達
2022年9月12日、株式会社アジラは、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 アジラは、施設向けAI警備システム「アジラ」や、独自開発の行動認識AIを活用したソリューションの提案などを…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】