注目のスタートアップ

リアルタイム遠隔就労支援プラットフォーム「JIZAIPAD」を提供する「ジザイエ」が2億円調達

company

2024年3月11日、株式会社ジザイエは、総額約2億円の資金調達を実施したこと発表しました。

ジザイエは、リアルタイム遠隔就労支援プラットフォーム「JIZAIPAD」を提供しています。

高品質な映像データを圧縮して伝送できる独自技術により、通信の悪い環境下でもフレームレートや解像度を落とすことなく映像データをクラウド経由で届けることを可能としています。

2023年9月に正式リリースし、その後、建設土木現場・製造業向上など、30以上の現場に導入されています。

建設機械の遠隔操縦、複数道路の遠隔監視、食品工場における遠隔ライン操作などを実現できます。

今回の資金は、さらなる採用の強化、プロダクトの開発加速、導入企業へのサポート体制拡充に充当します。


建設や土木における遠隔施工(遠隔就労)は、危険な場所における施工の安全性向上、人手不足の解消などに役立つことから、現在普及に向けた取り組みが進められています。

たとえば、建設・土木の現場は人手が少ない僻地にあることも多いのですが、遠隔就労を導入することで、人手不足を解消し、さらに適切なスキルを持つ人による作業によって、施工品質の向上、現場の安全性向上なども実現できます。

一方で、こうした現場の作業は繊細であるほか、周囲の状況をよく把握する必要があるため、一般的なオンライン会議システムなどは機能的に不十分です。

ジザイエはこうした課題を解決するため、高品質な映像データを圧縮して伝送できる独自技術や、広角・高画質カメラによる高臨場感によって遠隔操作のUX(ユーザー体験)を最大化した、低負荷・高品質のリアルタイム遠隔就労支援プラットフォーム「JIZAIPAD」を提供しています。

近年のテクノロジーの発展は業務に革新をもたらしています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらも参考にしてください。

また、設備投資には資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB JIZAIPAD クラウド ジザイエ ジザイパッド データ ノンデスク産業 リアルタイム 土木 就労支援 建設 建設機械 技術 映像 株式会社 現場 製造業 資金調達 通信 遠隔 遠隔操作
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

レンタルモール「カウリル」やレンタル専用在庫管理ツール「ZAIKA」を運営する「TENT」が1.7億円調達
2023年5月19日、株式会社TENTは、総額約1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 TENTは、レンタルモール「カウリル」や、レンタル専用在庫管理ツール「ZAIKA」を運営して…
アート×テクノロジーにより新たな体験価値を創造するアートブランド「GASHO2.0」を展開する「Raptors」が資金調達
2024年4月12日、株式会社Raptorsは、資金調達を実施したことを発表しました。 Raptorsは、アート×テクノロジーにより新たな体験価値を創造するアートブランド「GASHO2.0」や、イベン…
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を運営しています。 出張の要件を入力するだけで…
米麹由来糖分「ORYZAE」を中心としたD2Cブランドを展開する「オリゼ」が2億円調達
2023年1月31日、株式会社オリゼ(旧:株式会社アグクル)は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 米麹由来糖分「ORYZAE(オリゼ)」を中心としたD2Cブランド「フードコスメORY…
次世代型不動産エージェントファーム「TERASS」が10億円調達
2022年7月27日、株式会社TERASSは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代型不動産エージェントファーム「Terass」、エージェント提案型家探しサイト「Terass O…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】