注目のスタートアップ

人材派遣・人材紹介・人材教育などの総合人材サービスを展開する「エヌエフエー」に「オリエンタルランド・イノベーションズ」が資本参画

company

2023年7月6日、株式会社エヌエフエーは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社オリエンタルランド・イノベーションズです。

エヌエフエーは、人材派遣・人材紹介・人材教育などの総合人材サービスの展開を通じ、PEO型人材サービスの拡大を推進しています。

PEO型人材サービスとは、Professional Employer Organizationの略称で、失業なき労働移動を可能とする、米国などで普及している新たな雇用モデルです。

エヌエフエーは、国内の雇用慣習などを踏まえた日本倍PEOとしてアレンジし、その構築・拡大を目指しています。


PEO(Professional Employer Organization)は、1980年代のアメリカで誕生し、その後、中小企業を中心に急速に普及していった雇用モデルです。

その仕組みはこうです。中小企業が直接人材を雇うのではなく、PEO会社が雇い、契約する中小企業に人材を派遣します。通常、従業員数の少ない中小企業は、福利厚生などの従業員サービスを充実させることは難しいのですが、PEO会社は複数の中小企業と契約し、多くの従業員を抱えることで、スケールメリットを活かして手厚い福利厚生サービスを提供することが可能となります。

また中小企業としても給与の支払いや源泉徴収などの手間のかかる雇用管理を外部に任せることができるため、従業員・中小企業共にメリットがある雇用形態となります。PEOを採用する中小企業はそうでない中小企業に比べて離職が少なく、また事業の安定にも寄与しているというデータがあります。

一方、日本は商習慣や法律の違いから、アメリカのPEOをそのまま適用することができません。

エヌエフエーは、自社内に直営事業・研修部門を持つことで、派遣期間が終了した派遣社員の継続雇用を可能とし、人材には継続雇用という雇用の安定をもたらし、派遣先には、研修済みの人材をすぐに派遣することを可能とする、日本版PEOとして人材サービスを展開しています。

創業期はフットワークの軽い運営が求められます。事務作業などをアウトソーシングすることで、企業を成長させることに集中することができます。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの導入方法や、外注の活用法について詳しく解説しています。

また、円滑に業務を進めるには組織をしっかりと構築することも重要であり、そのための資金調達なども必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、融資やVCから出資を受けるためのノウハウなどを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ PEO PEO型人材サービス Professional Employer Organization エヌエフエー オリエンタルランド・イノベーションズ 人材 人材教育 人材派遣 人材紹介 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

アート作品の共同保有プラットフォーム運営の「ANDART」が2.8億円調達
2021年9月13日、株式会社ANDARTは、総額2億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 アート作品の共同保有プラットフォーム「ANDART(アンドアート)」とアート作品のオンライ…
P2P互助プラットフォームを運営する「Frich」が1.7億円調達
2022年9月8日、Frich株式会社は、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Frichは、P2P互助プラットフォーム「Frich」を運営しています。 友だち同士などのグル…
オンラインリサーチSaaSを提供する「マーケティングアプリケーションズ」とマルチチャネルコミュニケーションSaaSを提供する「WOW WORLD GROUP」が資本業務提携
株式会社マーケティングアプリケーションズは、株式会社WOW WORLD GROUPと資本業務提携したことを発表しました。 マーケティングアプリケーションズは、サーベイツール「MApps forSurv…
「Non Brokers」が仲介手数料無料で家を購入できる不動産購入プラットフォーム「チョク買い」をローンチ
2022年2月10日、Non Brokers株式会社は、「チョク買い」をローンチしたことを発表しました。 「チョク買い」は、仲介⼿数料無料で家を購⼊できる不動産購入プラットフォームです。 全国の不動産…
株式投資型クラウドファンディングサービスなどを運営する「FUNDINNO」が「パーソルホールディングス」から資金調達
2022年8月17日、株式会社FUNDINNOは、パーソルホールディングス株式会社から、新株予約権による資金調達を完了したことを発表しました。 パーソルグループのパーソルベンチャーパートナーズ合同会社…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】