「IT導入補助金2023」における「デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型):16次締切分」交付決定事業者が発表

subsidy

「IT導入補助金2023」における「デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型):16次締切分」の交付決定事業者が発表されました。

申請類型:デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)
締切:16次締切
交付決定日:2024年2月19日
申請数:3,580者
交付決定数:2,716者


テクノロジーの急速な発展に伴い、企業・産業のデジタル化が加速しています。

かつてのデジタルツールやシステムといったものは、オンプレミス型(社内サーバーに導入するもの)であり、初期費用や保守・点検に多大なコストがかかるものであったことから、中小企業・小規模事業者では導入が見送られるケースも多くありました。

しかし近年は、SaaS(クラウドサービス)が主流となり、初期導入費用が低く、管理・保守も不要となるなど、中小企業・小規模企業でもデジタルツールの導入がしやすい環境となってきています。

こうした中、自社の課題に適合したデジタル化は、企業の成長のために重要な取り組みです。

一方、中小企業・小規模企業にとっては、デジタルツールの導入はコストのかかる取り組みであり、予算の都合で十分なデジタル化を実施できないという課題を抱えている企業も存在しています。

こうした中小企業・小規模企業のデジタル化の課題を解決するため、国は「IT導入補助金」によって幅広い中小企業・小規模企業を支援しています。

「デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)」は、インボイス制度導入に伴い新たなデジタルツールの導入などを考える企業を対象に、会計・受発注・決済などのシステムを導入する取り組みを支援するものです。

「IT導入補助金2023」の公募は終了し、現在は「IT導入補助金2024」として継続して支援が実施されています。

「デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)」については、「インボイス枠(インボイス対応類型)」という枠に名称が変更されています。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

また、日々更新される補助金・助成金の情報を、個人に最適化してメールでお知らせする「補助金AI」も運営しています。こちらもご活用ください。

ほかにも、資金調達のノウハウを集めた「資金調達手帳」も無料でお送りしています。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ 16次締切 IT導入補助金2023 デジタル化 デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型) デジタル化基盤導入類型 交付決定事業者 採択
詳細はこちら

交付決定事業者一覧及び交付申請件数2023(後期事務局)

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

救急医療データプラットフォーム「NEXT Stage ER」提供の「TXP Medical」が15億円調達
2022年4月5日、TXP Medical株式会社は、総額約15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 TXP Medicalは、救急医療データプラットフォーム「NEXT Stage ER」を提…
一体型ホテルDXシステム「WASIMIL」を提供する「AZOO」が資金調達
2023年7月6日、株式会社AZOOは、資金調達を実施したことを発表しました。 AZOOは、一体型ホテルDXシステム「WASIMIL」を開発・提供しています。 直販予約エンジン、宿泊管理(PMS)、在…
採用DXサービス「harutaka」 面接動画のAI解析による面接品質改善サービス「harutaka BI」正式提供開始
2023年7月18日、株式会社ZENKIGENは、提供する「harutaka(ハルタカ)」において、新サービス「harutaka BI(ビジネスインテリジェンス)」の提供を開始することを発表しました。…
「Payn」が9,000万円調達 キャンセル料の請求業務をデジタル化する「Payn」β版をリリース
2022年10月5日、Payn株式会社は、総額9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Payn(ペイン)」のβ版をリリースしたことも併せて発表しています。 「Payn」は、レス…
「凸版印刷」とP.A.I.(パーソナル人工知能)開発の「オルツ」がデジタル・クローン事業で協業
2021年2月17日、凸版印刷株式会社は、株式会社オルツは、2021年1月に資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 オルツは、私=1人称で語ることができるP.A.I.(パーソナル人工知能)の開…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】