注目のスタートアップ

電子契約サービス「Great Sign」やオンライン本人確認サービス「Great eKYC」を提供する「TREASURY」が5億円調達

company

2024年2月5日、株式会社TREASURYは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。

TREASURYは、クラウド型電子契約サービス「Great Sign」やオンライン本人確認サービス「Great eKYC」の提供、不動産事業(オンラインでの不動産売買、賃貸ビジネス)、人材事業(有料職業紹介、人材派遣、スポーツ選手のセカンドキャリア等)、古物商(古物商取引におけるオンライン、オフラインでのeKYC活用)、保険事業(生命保険、損害保険)などを展開しています。

また、2023年12月5日には、システム開発事業を展開することを目的に、ベトナム・ホーチミンに完全子会社を設立しています。

今回の資金は、体制構築、事業加速などに充当します。


契約は企業経営において重要な業務のひとつです。

一方、従来の紙の契約書を中心とした契約業務は、契約書ごとの押印、保管、印刷、郵送など非効率的なプロセスを多数抱えています。

契約業務のデジタル化・電子化はこういった従来の契約業務が抱えていた非効率を解消すると同時に、より高いセキュリティを確保するために実施されます。

電子契約サービスは、印紙費の削減や契約締結時間の短縮、保管費の削減、改竄防止、業務効率化など、多岐にわたる利点があります。

電子契約サービスや契約書管理サービスは多様なものが提供されており、組織の規模や、UI/UXの使いやすさ、紙文書のデジタル化、外部ツールとの統合など、自社のニーズに最適な機能を選択することが肝要です。

創業期はなにも導入されていないまっさらな状態なため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

また、資金調達のノウハウを集めた「資金調達手帳」も無料でお送りしています。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB eKYC Great eKYC Great Sign TREASURY クラウド システム開発 セキュリティ プライバシー ベトナム 本人確認 株式会社 資金調達 電子契約
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

BtoB営業向けMarket Discovery Platform「datais」シリーズを開発・提供する「datais」が資金調達
2023年8月1日、株式会社dataisは、資金調達を実施したことを発表しました。 dataisは、BtoB営業向けMarket Discovery Platform「datais」シリーズを開発・提…
「ティアフォー」と「ミナミホールディングス」がAI教習システムの製品化のため合弁会社「AI教習所株式会社」を設立
2021年5月14日、株式会社ティアフォーは、ミナミホールディングス株式会社と、合弁会社であるAI教習所株式会社を設立することに合意したことを発表しました。 ティアフォーは、2015年に名古屋大学の加…
GHG排出量算定・開示・削減を支援するソリューション「zeroboard」を提供する「ゼロボード」が24.4億円調達
2023年2月15日、株式会社ゼロボードは、総額24億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ゼロボードは、GHG(温室効果ガス)排出量算定・開示・削減を支援するソリューション「zer…
農業特化の経営管理クラウド「RightARM」を提供する「テラスマイル」が3.3億円調達
2023年9月13日、テラスマイル株式会社は、総額3億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 テラスマイルは、農業特化の経営管理クラウド「RightARM(ライトアーム)」を開発・提供…
アスリートから特別なビデオ・レターをもらえる「PasYou」運営の「PASU」が資金調達
2020年3月16日、株式会社PASUは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、権田修一氏(ポルティモネンセSC所属)、安西幸輝氏(ポルティモネンセSC所属)、国内リーグ所属サッカー選手2…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】