注目のスタートアップ

物流フルフィルメントプラットフォームサービスを提供する「オープンロジ」が35.5億円調達

company

2024年2月5日、株式会社オープンロジは、総額約35億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

オープンロジは、物流フルフィルメントプラットフォームサービス「オープンロジ」を提供しています。

独自の倉庫管理システムを通じて全国の倉庫をネットワーク化し、標準化した仕様・オペレーションによって物流業務の効率化・一元管理を実現しています。これにより固定費ゼロ・従量課金で利用できる物流フルフィルメントサービスを提供しています。

また、各種ECプラットフォームなどとAPI連携し、自動出荷を実現しています。

今回の資金は、人材採用、プロダクトの進化、物流ネットワークの拡大の加速に充当します。


経済産業省「令和4年度デジタル取引環境整備事業(電子商取引に関する市場調査)」によると、2022年の国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、22.7兆円(前年20.7兆円、前々年19.3兆円、前年比9.91%増)と拡大しています。

また、EC化率については諸外国と比較すると日本はまだ低い割合にあることから成長の余地が残されているとされており、今後も市場拡大が期待されています。

こうした中で、さまざまな領域においてECへの参入が進んでいます。

とくにコロナ禍では食品系に大きな注目が集まり、成長率では他の領域よりも高い割合にあります。

このように多様な商品の配送需要が高まり、物流では多様なニーズに応えることが重要となっています。

こうした中で、オープンロジは全国の倉庫にシステムを導入し、それらを相互につないでネットワーク化することで、荷主・倉庫・配送におけるシームレスな連携を可能にし、現在の物流業界が抱えている人手不足・作業負担増加といった課題を解決することを目指しています。

株式会社オープンロジのコメント

このニュースを受けまして、株式会社オープンロジよりコメントが届きました。

伊藤秀嗣(いとう・ひでつぐ)
株式会社オープンロジ 代表取締役社長 CEO
ネットエイジを経て、雑誌ECサイト富士山マガジンサービスに設立に参画。物流をAWSのようなインフラにしたいという思いからオープンロジを創業。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

エンジニア職・ビジネス職を中心とした人材採用、システム開発の強化、プロダクト開発に充当するためです。

・今後の展望を教えてください。

オープンロジは提携する倉庫(約70拠点)にシステムを導入し、ネットワーク化することで、多数の倉庫を群として仮想化する物流プラットフォームを構築してきました。

採用を強化することで、システム開発のスピードを加速させ、提携する倉庫数を増やしていくことで物流ネットワークを拡大し、プロダクトを進化させます。それにより、物流領域でのホールプロダクトの実現を目指します。

・読者へのメッセージをお願いします。

現在、2024年問題や人手不足などの様々な理由で、私たちが当たり前と思っていた「物流」という社会インフラの維持が危うくなっています。その問題を解決するためには、今までのアナログな対応から、モノをつくる人とそれを必要とする人を結ぶ物流の機能がネットワークでつながり、データを軸に需要と供給が最適化される必要があります。

「テクノロジーを使い、サイロ化された物流をネットワーク化しデータを起点にモノの流れを革新する」というビジョンを実現し、社会インフラである「物流」の維持に貢献できるように会社を成長させて参ります。

事業のさらなる成長のためには戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ発行累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB EC ECプラットフォーム オープンロジ オペレーション ネットワーク プラットフォーム フルフィルメント フルフィルメントサービス 一元管理 倉庫管理システム 株式会社 標準化 物流 物流倉庫 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

米国スタートアップ資金調達底堅く、有力企業に集中する傾向
新型コロナウイルス禍による景気悪化の中、金融緩和に伴う金余りを背景に、有力企業に投資マネーが集中する構図が一段と強まっています。4~6月に米国で1億ドル以上を調達した「メガラウンド」は69件と四半期ベ…
住宅ローンプラットフォーム提供の「iYell」が35億円調達
2022年2月9日、iYell株式会社は、総額35億円の資金調達を実施したことを発表しました。 工務店・不動産会社向け住宅ローン業務効率化アプリ「いえーる ダンドリ」や、最適な住宅ローンを提案するサー…
研究開発型創薬ベンチャーの「アークメディスン」が2.6億円調達
2019年10月28日、Beyond Next Ventures株式会社は、株式会社アークメディスンが総額約2.6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、Beyond Next Ven…
国産オリジナルのゲノム編集の基盤技術開発に取り組む「C4U」が15億円調達
2023年5月17日、C4U株式会社は、総額15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 C4Uは、国産のゲノム編集技術であるCRISPR-Cas3を基盤技術とする、2018年3月に設立された大阪…
混雑状況をリアルタイムに可視化する「バカン」にエッグフォワードの出資×コンサルティングの「GOLDEN EGG」で追加出資
2023年2月8日、エッグフォワード株式会社は、出資×コンサルティングで支援する「GOLDEN EGG」スキームで、株式会社バカンなど数社に追加出資を決定したことを発表しました。 バカンは、IoT・A…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】