注目のスタートアップ

消費電力を削減する半導体技術「NanoBridge」を保有する「ナノブリッジ・セミコンダクター」が1.3億円調達

company

2022年7月21日、ナノブリッジ・セミコンダクター株式会社は、総額約1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ナノブリッジ・セミコンダクターは、2019年9月にNECの研究者が設立したベンチャー企業で、半導体技術である「NanoBridge」を保有しています。

「NanoBridge」は、電子機器の放射線耐性向上や消費電力削減を実現する半導体技術です。

製造後に回路の再構成が可能なFPGA(Field Programmable Gate Array)やメモリへの活用を見込んでいます。

今回の資金は、航空宇宙や通信インフラなど耐放射線性が求められる領域での「NanoBridge FPGA」向け設計ツールを整備し、IoTデバイスや自動車など国内外の製造業向けに幅広く「NanoBridge」事業を展開するために充当します。

電子機器の中枢部品として幅広く使用されているIC(集積回路)やLSI(大規模集積回路)は、通常製造時に形成した論理回路を後から変更することはできません。

そのためPCなどの電子機器の試作の際には、それぞれ動作が異なる膨大な数のICを用意する必要がありました。

これを解決したのが、現場でその都度論理回路をプログラミングできる半導体チップFPGA(Field Programmable Gate Array)です。

1985年に米・ザイリンクス社が発売したものが最初のFPGAであり、それから電子機器の試作開発を低コスト化・高速化するものとして広く利用されています。

このFPGAのグローバルシェアは、米・ザイリンクス社と米・アルテラ社の2社が市場の80%を占めています。

ナノブリッジ・セミコンダクターは、この米国企業が市場を占めているFPGA市場において、とくに高い放射線耐性が必要とされる航空宇宙や通信インフラ領域でFPGAを提供するため事業を進めています。

ナノブリッジ・セミコンダクター株式会社のコメント

このニュースを受けまして、ナノブリッジ・セミコンダクター株式会社 代表取締役 杉林直彦氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

設計ツールの整備等には資金が必要なためです。(リリースの通りです)

・今後の展望を教えてください。

国内で事業実績を積み、それを基に海外進出したいと考えております。

・読者へのメッセージをお願いします。

今後も適切な時期に、目的にあわせた、資金調達を進めていく所存です。

研究開発型のビジネスでは資金調達が非常に重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ FPGA IC NanoBridge ナノブリッジ・セミコンダクター 半導体 宇宙ビジネス 技術 株式会社 資金調達 通信インフラ
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

サブスクリプション・ビジネス効率化・収益最大化プラットフォーム「Scalebase」運営の「アルプ」が3.15億円調達
2020年3月23日、アルプ株式会社は、総額3億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 企業におけるサブスクリプション・ビジネスの効率化・収益最大化を支援するプラットフォーム「Scal…
遊びの予約サイト「アソビュー!」などを運営する「アソビュー」が「静岡銀行」と資本業務提携
2022年5月30日、アソビュー株式会社は、静岡銀行と、業務提携契約を締結したことを発表しました。 アソビューは、遊びの予約プラットフォーム「アソビュー!」、観光・レジャー・文化施設向けSaaS、DX…
医師向け臨床支援アプリ提供の「HOKUTO」が8.25億円調達
2022年2月8日、株式会社HOKUTOは、総額8億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 医師向け臨床支援アプリ「HOKUTO」を開発・提供しています。 最新の医学情報の配信、入手し…
孫の動画・写真をテレビで見られる「まごチャンネル」提供の「チカク」が5億円調達
2021年4月6日、株式会社チカクは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートフォン・アプリで撮影した動画・写真をテレビに直接送信し、離れた家族と共有できるサービス「まごチャンネル…
採用DXサービス「harutaka」において面接品質を見える化するAI「harutaka インタビューアセスメント」が提供開始
2021年9月14日、株式会社ZENKIGENは、提供する「harutaka(ハルタカ)」において新たなサービス「harutaka インタビューアセスメント」の提供を開始したことを発表しました。 「h…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】