眼鏡型ARデバイス向けディスプレイシステムや高精度空間認識ソフトウェア開発の「Cellid」が5億円調達

company

2021年11月11日、Cellid株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。

汎用単眼カメラで動作する空間認識アルゴリズム「Cellid SLAM」の提供や、「Cellid SLAM」を活用した作業者の3次元位置情報を可視化する「Position Finder」と3Dモデル上にデジタル情報を付与することができる「AR Tag」の実用化に向けた技術検証、眼鏡型ARデバイス向けのディスプレイモジュール「Cellid Waveguide 60」の開発・販売を行っています。

2022年1月には「Cellid Waveguide 60」を内蔵した眼鏡型モックアップのテクノロジー見本市「CES」への出展を予定しています。

2022年には、ディスプレイモジュールの量産化へと開発フェーズを移行する予定です。

今回の資金は、ディスプレイモジュール研究開発の強化や、本格的なマーケティング活動の開始、量産開始に向けた組織体制と開発体制のさらなる強化に充当されます。

スマートフォンやタブレットといったモバイル機器の普及率は高い水準に達しており、成熟期に突入したとみられています。

次世代のデバイスとして期待されているのが、スマートウォッチやスマートグラスなどのウェアラブルデバイスです。

特にスマートグラスはAR技術を用いたものとして主流なデバイスとなると考えられています。

スマートグラスは眼鏡型のデバイスに様々な機能を搭載したウェアラブルデバイスを指します。

もっとも代表的な機能は、レンズ部分や網膜などに情報を表示するディスプレイ機能です。

スマートグラスの小型化のためには、この光学的な領域であるディスプレイ機能の小型化と高性能化を両立しなくてはならないため、非常に技術的な難度が高いとされています。

現状、光学デバイスの方式には、グーグルグラスなどが採用するプリズムを使って像を結ぶ「プリズム」方式、多くのスマートグラスが採用するハーフミラーを使って映像を映す「バードバス」方式、レンズの中で光線を屈折させて画像を映す「ウェイブガイド」方式があります。

Cellidは2016年設立という若いベンチャー企業でありながら、ウェイブガイド方式という高度な技術により、市販されているARグラスをはるかに上回る60度という視野角と小型化を実現しています。

スマートグラスは一般消費者に普及するまではまだ時間がかかると思いますが、製造業や医療などではすでに活用されており、その効果が実証されています。

CellidはARの領域において高い技術力を誇っており、今後どのように市場を拡大していくのか注目が必要です。

研究開発を伴うビジネスには多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなどを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AR Cellid Cellid SLAM ウェアラブル ウェアラブル・デバイス スマート・グラス ディスプレイ デバイス 位置情報 情報 株式会社 空間 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

法律専門書や資料を横断的に検索・閲覧できる「LEGAL LIBRARY」正式版がリリース
2019年12月9日、株式会社Legal Technologyは、「LEGAL LIBRARY(リーガルライブラリー)」の正式版をリリースしたことを発表しました。 「LEGAL LIBRARY」は、信…
「AnyMind Group」がインフルエンサーやプレミアムメディアを活用した成果報酬型マーケティングサービス「Performance Growth」をローンチ
2020年7月22日、AnyMind Group株式会社は、「Performance Growth(パフォーマンス グロース)」をローンチしたことを発表しました。 「Performance Growt…
リファラル×エンジニアで切り込めるか エンジニア同士で仕事紹介できるサービス運営の「Re:Build」が3,000万円調達
株式会社Re:Buildは、総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エンジニア同士で仕事紹介できるサービス「Tadoru」を運営しています。 システム開発を依頼したい企業が、“タ…
光超音波3D/4Dイメージング装置開発の「Luxonus」が4.3億円調達
2021年9月10日、株式会社Luxonusは、総額約4億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自の光超音波技術を用いた3D/4Dイメージング装置を開発しています。 無被曝かつ造影…
「ビルドサロン」がオンライン・サロン上で投げ銭を受け取れる新サービス「ビルド投げ銭」の提供を開始
2021年1月2日、株式会社ビルドサロンは、「ビルド投げ銭(なげせん)」の提供を開始したことを発表しました。 「ビルド投げ銭」は、オンライン・サロン上でZOOMを配信する際、視聴者からリアルタイムで投…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ