「酒類業振興支援事業費補助金(令和6年度予算(案))」

subsidy

国税庁「酒類業振興支援事業費補助金(令和6年度予算(案))」のご案内です。

日本産酒類の輸出拡大や酒類業の経営改革・構造転換に向けて、酒類事業者による日本産酒類のブランディングや、インバウンドによる海外需要の開拓などの海外展開に向けた取り組み、国内外の新市場開拓などの意欲的な取り組みを支援する補助金です。

新市場開拓支援枠

・商品の差別化による新たなニーズの獲得
・販売手法の多様化による新たなニーズの獲得
・ICT技術を活用した、製造・流通の高度化・効率化
補助率:補助対象経費の1/2、または2/3(従業員数が20人以下(卸・小売業は5人以下)の小規模酒類事業者)
補助金:1件あたり500万円上限、50万円下限

海外展開支援枠

・酒類事業者による海外販路拡大、商品等の高付加価値化、インバウンドによる海外需要の開拓等の取り組み
・リソース不足に対応するため上記取り組みについて、複数(3者以上)の酒類事業者が集まって推進する取り組み
補助率:補助対象経費の1/2
補助金:1件あたり1,000万円上限、50万円下限
ただし、複数(3者以上)の酒類事業者が集まって取り組みを推進する場合の上限額は、1,200万円(3者)、1,300万円(4者)、1,400万円(5者)、1,500万円(6者以上)

公募期間

第1期

2024年1月23日(火)~2024年2月29日(木)

第2期

2024年3月1日(金)~2024年4月25日(木)


国税庁「酒のしおり(令和5年6月)」によると、成人1人あたりの酒類消費数量は、1992年の101.8Lをピークに減少し、2021年には74.3Lとなっています。

また、今後は少子高齢化に伴う成人人口減少により全体としての酒類消費量も低下していくことが想定されており、アルコール飲料業界はこの状況にどう対応するかが重要なテーマとなっています。

なかでも厳しい状況にあるのが清酒です。清酒の消費量は1973年度にピーク(177万KL)を迎え、2021年度には40万KLと3割以下の水準となっています。一方で、普通酒は減少傾向にありますが、純米酒・純米吟醸酒は増加傾向にあり、ニーズの変化が見て取れます。

こうした中、日本酒の輸出量・金額については年々増加傾向にあり、日本酒市場では海外市場が注目されています。

日本酒造組合中央会の発表によると、日本酒の輸出金額は、2009年に約71億円だったものが、2021年には約401億円へと大幅に成長しています。国別の金額1位は中国で、数量1位はアメリカです。

より多様な国の開拓が重要となる中、海外需要開拓を後押しするものとして「酒類業振興支援事業費補助金」を戦略的に活用することが重要です。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

また、日々更新される補助金・助成金の情報を、個人に最適化してメールでお知らせする「補助金AI」も運営しています。こちらもご活用ください。

ほかにも、資金調達のノウハウを集めた「資金調達手帳」も無料でお送りしています。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ アルコール インバウンド ブランディング 予算 令和6年度 商品 国税庁 市場開拓 支援 海外 海外展開 補助金 販売 販路拡大 酒類 酒類業 開拓 需要 高付加価値化
詳細はこちら

補助事業について

補助金ガイド
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

【東京都】令和5年度「サイバーセキュリティ対策促進助成金」
公益財団法人東京都中小企業振興公社は、令和5年度「サイバーセキュリティ対策促進助成金」の募集内容を決定したことを発表しました。 令和5年度(2023年度)からの変更点 助成下限額を30万円から10万円…
【2023年1月13日開催】ウェビナー「食品輸出セミナー」
関西広域連合は、「食品輸出セミナー」の開催を発表しました。 地域の優れた食材を世界中へ輸出することを目標に掲げ、その機運を盛り上げるため、「食品輸出セミナー」を開催します。 内容 講演1 テーマ:競争…
「フューチャーベンチャーキャピタル」が学生支援キャリアカフェ「知るカフェ」を運営する「エンリッション」に投資実行
2023年4月21日、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社は、株式会社エンリッションに投資を実行したことを発表しました。 エンリッションは、学生限定キャリア支援カフェ「知るカフェ」「BiZCAFE…
「東京都就職氷河期世代リスタート支援助成金」
東京都は「東京都就職氷河期世代リスタート支援助成金」について発表しました。 就職氷河期世代の方を対象として採用し、定着を図るために計画的な指導育成を行った企業に対し助成金を交付します。 2023年度(…
Web3事業をマーケティングの観点から支援する「Pacific Meta」が1.5億円調達
2022年11月16日、株式会社Pacific Metaは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Pacific Metaは、Web3事業をマーケティングの観点から支援してい…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】